人はプラス、マイナス、併せ持っている

よく言われることに、こういうのがあります。カウンセリングやセラピーはマイナスからゼロへを支援する、コーチングやメンタルトレーニングはゼロ以上からさらなるプラスへを支援すると。

これに違和感を感じるという人が私の知人には多い。私も同感です。

 

何かを解決しようとしている人、困難を乗り越えようとしている人を実際にみると、マイナスという言い方はないでしょうと思います。

 

どうなんでしょうね。

 

いろんな人がいますからね。

 

多くの人間はプラス、マイナス、併せ持つ。もしくは、どちらかを隠し持つ。どちらかだけになっている人もいるにしても、マイナス、ゼロ、プラスの一直線上に自分や人を置けないと思います。

 

心理セラピーでは、その人のプラスを使ってマイナスを解決しているように思います。

 

もっと言えば、プラスとマイナスは表裏だったりも。それもまた、併せ持つということ。
 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …

自分と向き合う
自分を見捨てるのをやめたときに、それは変わります。

自分を客観的に観ることができないのは、主観的に自分の感情・怖れ・欲求を観ることができないからです。 …

自分と向き合う
自己一致すると見えてくるものがある

「自己不一致」というのは、自分に正直ではないことを言います。それは人間だれしも持っているものだと思い …