人はプラス、マイナス、併せ持っている

よく言われることに、こういうのがあります。カウンセリングやセラピーはマイナスからゼロへを支援する、コーチングやメンタルトレーニングはゼロ以上からさらなるプラスへを支援すると。

これに違和感を感じるという人が私の知人には多い。私も同感です。

 

何かを解決しようとしている人、困難を乗り越えようとしている人を実際にみると、マイナスという言い方はないでしょうと思います。

 

どうなんでしょうね。

 

いろんな人がいますからね。

 

多くの人間はプラス、マイナス、併せ持つ。もしくは、どちらかを隠し持つ。どちらかだけになっている人もいるにしても、マイナス、ゼロ、プラスの一直線上に自分や人を置けないと思います。

 

心理セラピーでは、その人のプラスを使ってマイナスを解決しているように思います。

 

もっと言えば、プラスとマイナスは表裏だったりも。それもまた、併せ持つということ。
 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

感情知能
人を評価するとき、苦しみが隠れている

「人が間違っている。人が悪である。人が未熟だ」と評価するとき、裁くとき、 人を変えたいという気持ちが …

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、シンプルな対処法

こわくて動けないときの、シンプルな対処法の1つを挙げます。 「こわくない」と言わずに、「楽しみだ」と …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …