人はプラス、マイナス、併せ持っている

よく言われることに、こういうのがあります。カウンセリングやセラピーはマイナスからゼロへを支援する、コーチングやメンタルトレーニングはゼロ以上からさらなるプラスへを支援すると。

これに違和感を感じるという人が私の知人には多い。私も同感です。

 

何かを解決しようとしている人、困難を乗り越えようとしている人を実際にみると、マイナスという言い方はないでしょうと思います。

 

どうなんでしょうね。

 

いろんな人がいますからね。

 

多くの人間はプラス、マイナス、併せ持つ。もしくは、どちらかを隠し持つ。どちらかだけになっている人もいるにしても、マイナス、ゼロ、プラスの一直線上に自分や人を置けないと思います。

 

心理セラピーでは、その人のプラスを使ってマイナスを解決しているように思います。

 

もっと言えば、プラスとマイナスは表裏だったりも。それもまた、併せ持つということ。
対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …