人の役に立つ必要のない者を友としたい

雑談です。

「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」

場合によっては、不気味な言葉。荒んだ心へ投げかけるような。

具体的な相手も、具体的なシーンもなく、 ”人のお役に立つ自分” だけがある。

あるTV番組で、障害を持つ姉の世話をしている少女が、「将来は医者になりたい」と言っていた。そこには具体的な相手も、具体的なシーンもある。その少女が求めているのは、”役に立っている自分”ではない。

やがて、具体的な気持ちが広がって、人のためになること全般に興味を持つようになるでしょう。それでも、具体的な誰かに具体的な何かをしたいのであって、人の役に立つ何者かになりたいわけではない。「○○ちゃんは、人の役に立つ仕事をしたいんだね」などと言い聞かせないでほしい。

「力になりたい誰かがそこにいる。価値あるその人の力になりたい」
それとも
「私は助ける人になりたい。価値ある私になるために、私に助けられる誰かが必要」

「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」はどっち?

・・・

私は、人の役に立つ必要のない者を友としたい。そういう人は私にとって大事な友になる。そういう人たちにずいぶんと助けられた。彼らは助けたなんて思っていない。彼らが価値ある人間であることのために、私が”助けられる人”として使用されることはない。ただ、一緒に楽しみたいだけ。お互いを大切にしている。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピストの映画紹介
映画『プリズン・サークル』を観ました

仮設の映画館というサイトから映画『プリズン・サークル』観ました。刑務所の中で行われている集団療法的な …

雑談
動画 苦しみがなくなるまで幸せを待たない

The following two tabs change content below.この記事を書 …

雑談
YOSHIKIさんと山中伸弥さんの対談

YOSHIKIさんと山中伸弥さん(iPS細胞)の対談をシェアします。 心理セラピストの私からすると、 …