今、生き方を変えることを余儀なくされている人が増えています。

今日、あなたが街ですれ違った人たちの中には、人生の宿題に挑み、すでに生き方を変えた人たちもいます。

綺麗な言い訳に生きるか、闇を呑み込んだ感動に生きるか。どちらかを選ぶ時代が来たように思います。

私は、自分の中にある「深い洞窟」を通り抜けて、自分と出会うために生き方を変える人たちと共にあります。

 

 

泣いてる人を見て、慰めるのはやめようよ。

泣いてる人を見たら、尊敬しようよ。

泣いてる人は、あなたが良い人になるための機会ではない。

泣いてる人は、生きているのだ。

私が悲しみを告白するとき、私の友人たちは、「ありがとう」と言います。それはもう、私の「命」になりました。