Facebooktwittergoogle_plus

人から嫌われることを過剰に恐れて、人の顔色を伺う生き方をしていると気づいた人に、その深層心理を解消することを勧めると、かなりの確率で「楽にはなりそうだけど、悪い人間になってしまいますね」と躊躇します。

実際のところ、その心配無用のことが多いです。

でも、いい人ではなくなるかもしれません。

いい人じゃなくなるのは恐ろしいという人は、こんなことも考えてみてください。

悪い人
自分のために人を犠牲にする人
いい人
自分が救われるために、いい行いをする人。自分が人のお役に立つことが嬉しい。
よく生きる人
他人や神様からどう思われようと、大切なものを大切にして生きる人。自分がお役に立つかどうかに関わらず、人が幸せになるのは嬉しい。

いい人には、同じ恐れをもつ人や、そんな人を利用したい人が寄ってきます。そういう人達から「いい人じゃないと承認しないよ」というメッセージをもらい、ますます恐れは強化されます。強化された恐れは、変な自信もどきになります。

「自分はいい人だ」という安心感と、「あの人も幸せ」という喜びは別のこと。あなたが求めているのはどちらでしょうか。両方かもしれませんね。だとしたら、よく生きるために大事なのは後者ではないでしょうか。

「いい人をやめたら悪い人になる」

そんな恐れを手放すと、人の幸せを感じやすくります。

他人のストーリーに入り込んで主人公になろうとしなくなります。他人を大切にできます。

落し物を拾ったとき、いかにして自分がいい人になるかを考えますか? それとも落とし主はさぞ困ってるだろうなと心配になりますか? 後者ならば、いい人をやめても悪い人にはなりません。いい人の深層心理を解消しても、そういう人を大切にする気持ちはなくなりませんから。そういう気持ちだけになります。

いい人じゃないと天国に行けないとか、いい人じゃないと受け入れてもらえないとか思っていると、人に寛容でなくなってきたりもします。

あ、上記の”よく生きる人”は、”寛容な人”かもしれません。

いい人をやめることに困難を感じている方は、心理セラピー/心理コンサルティングなどがお役に立つかもしれません。

自分の気持ちに向き合うことから始めたい方は、「自分の気持ちに気づく能力」メール講座もご参考に。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
私がこういう人間になったのは何故か、1つのセオリーに解釈を固定するのは危険

事情が違うのです。なぜ違うのかを問わずに、仲間に受け入れることができる世界を夢見ています。I am …

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、シンプルな対処法

こわくて動けないときの、シンプルな対処法の1つを挙げます。「こわくない」と言わずに、「楽しみだ」と言 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …