「感情豊か」と「感情的」のちがい

視点・本当の問題

「感情的」であることは、理性(気づく能力)を妨げる悪いこととされてきました。ふむふむ、そうですね。

「感情豊か」であることは、感性(感じる能力)を高める良いこととされています。ふむふむ、そうですね。

「感情はよいもの?わるいもの?」という問いをやめて、「感情的にならずに、感情豊かになるには?」ということをお勧めします。

ポジティブな感情が「感情豊か」で、ネガティブな感情が「感情的」というわけではありません。感情の種類がポジティブかネガティブという話ではありません。ここだけはお間違えないように。試合に負けて悔しがったり、お化け屋敷で友達にしがみつくのは「感情豊か」だったりします。

 
ある職場で、マネージャーが、ノルマのプレッシャーに負けて、部下に怒鳴り散らしている。これは感情的ですね。

ある学校で、数人の子供が一人の子供をからかっていて、歓喜の声を上げています。これも感情的ですね。

カウンセリングルームで、誰かが号泣しています。感情豊かです。

ある店のオーナーが、他の客に迷惑をかける人を「二度と来るな!!」と追い出しています。感情豊かです。
 

こんな風に覚えておくのはいかがでしょうか。

「感情豊か」は、「感情を受け容れる」。

「感情的」は、「感情に支配される」。

 

上述の店オーナーは、「そのような人には来てほしくない。他の客を守りたい」という感情を自覚しています。これを感情豊かと呼びましょう。感情自体は揺れるものですが、感情を受け容れていれば、なぜか安定感があります。望みと言動が一致しているからです(ここは、ちょっと難しい話かも)。ともかく、感情豊かな人には、安定感があります。

上述の怒鳴り散らしてるマネージャーの場合、「プレッシャーに負けている(やばいと感じている)」感情を自覚していません。もしかしたら、自分が怒鳴り散らしていることも自覚していないかもしれません。これを感情的と呼びましょう。

 
「感情豊か」は、自分を大切に感じてる。

「感情的」は、自他を評価している。

前者であれば、それを大切な時間にしてください。後者であれば、手放してよいでしょう。

 
もしピンとくるのであれば、こんな捉え方もよいかもしれません。
 
「感情豊か」は、未来をつくる。

「感情的」は、過去に囚われる。

イヤな過去は忘れようという意味ではありません。感情を味わった結果、道が開けるかというような意味です。未来指向というような単純な話ではありません。考え方ではなく、体験のしかたです。

あらゆる問題の解消の鍵でもあります。

実践はセラピーや講座で扱います。

 

そして、繰り返しますが、ネガティブ感情が感情的とはかぎりません。

怒ることができる人は社交的。

泣くことができる人は前向き。

恐がることができる人は勇敢。

 

(参考)
メール講座『自分の気持ちに気づく能力』(~自分に嘘をつかない生き方のために~)

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

視点・本当の問題
心理相談ではHSPという言葉は使いにくい

心理相談の現場で私はHSPという概念を自分のラベルに使うことをあまりお勧めしてません。 その特徴をチ …

体験談・事例
不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなん …