セラピストの選び方

セラピストの選び方として、おすすめ。

手法を目的にしていないということを一番に挙げたいと思います。

たとえば、愛着障害解消メソッドを習得しているから人に「愛着障害を解消しましょう」とおすすめするとか。PTSD解消メソッドを習得しているから人にPTSD解消を勧めるなど。手法を使うことが目的になっていないセラピストがおすすめです。

手法をたくさんもっているセラピストがよいというわけではありません。主な(得意な)手法を一つもっているのは自然だと思います。

手法に相談者を合わせるのではなくて、相談者に合わせて手法を使うということです。

これを読み取るのは難しいかもしれませんが。

「金槌を持てば、なんでも釘にみえる」という諺通り、セラピストは自分の手法を使うために話を解釈する性質があります。その性質を超えてあなたの話に関心をもってくれるか。

手法の話が出る前に、ちゃんと何が悩みなのか、何を望んでいるのか聴いてくれるということですね。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

心理セラピー関連
私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、クライアントである私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、 …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …