セラピストの選び方

心理セラピー・心理相談

セラピストの選び方として、おすすめ。

手法を目的にしていないということを一番に挙げたいと思います。

たとえば、愛着障害解消メソッドを習得しているから人に「愛着障害を解消しましょう」とおすすめするとか。PTSD解消メソッドを習得しているから人にPTSD解消を勧めるなど。手法を使うことが目的になっていないセラピストがおすすめです。

手法をたくさんもっているセラピストがよいというわけではありません。主な(得意な)手法を一つもっているのは自然だと思います。

手法に相談者を合わせるのではなくて、相談者に合わせて手法を使うということです。

これを読み取るのは難しいかもしれませんが。

「金槌を持てば、なんでも釘にみえる」という諺通り、セラピストは自分の手法を使うために話を解釈する性質があります。その性質を超えてあなたの話に関心をもってくれるか。

手法の話が出る前に、ちゃんと何が悩みなのか、何を望んでいるのか聴いてくれるということですね。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー・心理相談
複数のカウンセラーに相談してよいか?

「複数のカウンセラーに相談してよいか?」 最近、このトッピクについて質問されることがあります。いくつ …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

心理セラピー・心理相談
絶望を感じて、本当に前向きになる

あることについて最近やっと自分がこの世の中に絶望していることを感じるようになりました。拗ねていること …