やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ

わたしはカウンセラーであるわりには、共感的な反応が薄い。

これはカウンセラーよりはセラピストぽいとも言えるかも。

共感が薄い代わりに、共感できないものを少し赦すスペースがある。それは理解できないものを少し受け入れるスペース。

「なんかわからないけど、なんかあるんですね」というもの。

理由が分からないからといって、本人がやりたくないことをやらせない。理由も言いたくなければ言わせない。そういうルールではなくて、そうなるなにか。

実際にはやりたくないことに挑戦を促すし、理由も尋ねることができる。

やりたくない理由が分からないからといって、やりたくない理由がない無いのとして扱わない。やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ。

あるけど、見えないもの。

その存在をゆるす。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. クリエイティブファミリーのパマ

  2. 「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない…

  3. 知識は人を救わない

  4. セラピストが実際の暴力やイジメや虐待の場面に出くわしたとき

  5. なにもしないかもしれないワークショップ

  6. 心理カウンセリングの師匠たちは、私に既存メソッドを教えない。

  7. なんだかユルいセラピーのスタイル

  8. 勇気ある「1%な人々」の傷ついた心