やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ

わたしはカウンセラーであるわりには、共感的な反応が薄い。

これはカウンセラーよりはセラピストぽいとも言えるかも。

共感が薄い代わりに、共感できないものを少し赦すスペースがある。それは理解できないものを少し受け入れるスペース。

「なんかわからないけど、なんかあるんですね」というもの。

理由が分からないからといって、本人がやりたくないことをやらせない。理由も言いたくなければ言わせない。そういうルールではなくて、そうなるなにか。

実際にはやりたくないことに挑戦を促すし、理由も尋ねることができる。

やりたくない理由が分からないからといって、やりたくない理由がない無いのとして扱わない。やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ。

あるけど、見えないもの。

その存在をゆるす。

Follow Kojun on note.
最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。