隠れた感情に「気づく」レベルと「触れる」レベル

隠れた感情に気づくことで、日常の様々な問題が解決します。

それを、人に暴かれるのではなくて、自分で実践するのが、自分の心との対話のススメ。

さて、人生レベルの様々な問題の解決にも、同じようなプロセスがあります。気づくのではなくて、触れるという違いがありますが。

そのレベルでは、「気づきましょう」ではなく、「気づきたくない」への赦しが必要です。真逆になるのです。

命がけで作った壁を越えることに対して、抵抗があります。越えられないのが正常なのです。

それは「コンフォートゾーンの外に出ましょう」とかいうようなことではないのです。

コーチング界では、「ブレーキやトラウマがある人にはコーチングが効かない」などと表現されてきたようです。

コンフォートゾーンの外へ出て怪我をした勇者に、「コンフォートゾーンの外へ出ましょう」と促すのは、勇者を負け犬へと貶める働きかけです。

壁を越えられないという世界に立てる人が、立ち会える世界です。不可能を前にして諦めない。

言うなれば、人をコンフォートゾーンから引き出す人ではなく、自分が自分のコンフォートゾーンの外へ会いに行く人ね。

人を変えたい情熱は、セラピストの資質ではないよ。資質なくても、最近はメソッド習えば、なれてしまうようですが。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …