人は「困難」という言葉をおそれます。

自分と向き合う

人は多くの場合、実際にどうであるかではなく、どうあるべきかを答える。

たとえば、「困難」は無い方がよいので、「困難は無い」と言う。その結果、「困難」は見えない敵となる。

人は多くの場合、「実際にどうであるか」を観ることができない。

もがきながら「なにも困っていません」と言う人は多い。

人は多くの場合、「目をそらす」という言葉の意味が見えない。

コンサルタントを雇っても、ビジネスは失敗する。個人事業でも、大企業でも、数々のの例を見ました。問題から目をそらして、対処法も見えなくなります。

困難や問題が「闇」なのではありません。見えなくなるから「闇」と呼んでいます。

困難に直面したとき、大抵は数分以内に次のどれかが起きる。

闇をおそれたとき、困難から目をそらす。冒険を避けるために。

闇にのまれたとき、困難は受け入れて、答えから目をそらす。自分の不幸を証明するために。

闇をアートするとき、困難を受け入れて、答えも受け入れる。自分らしく生きるために。

個人の場合の典型的な台詞は「悩みはありません。別に幸せになろうなんて思ってませんから」。

写真カードの中にさりげなく、「困難」というシリーズがあります。

「困難」を扱う講座てす。「きっと○○○○にちがいない」とあなたの心は自動的に思います。

人は多くの場合、「困難」や「悩み」という言葉をおそれます。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
Who is Kojun?
カウンセラーをする動機にもいろいろあるようです

人を助けて徳をつむためにカウンセリングをしているというカウンセラーに会ったことがあります。 徳をつむ …

自分と向き合う
代理思考(怖れがつくりだす思考)

私が「怖れ」と呼んでいるものは、人が自分のネガティブ感情をないものとしようとする心理現象のことです。 …

雑談
YOSHIKIさんと山中伸弥さんの対談

YOSHIKIさんと山中伸弥さん(iPS細胞)の対談をシェアします。 心理セラピストの私からすると、 …