人は「困難」という言葉をおそれます。

人は多くの場合、実際にどうであるかではなく、どうあるべきかを答える。

たとえば、「困難」は無い方がよいので、「困難は無い」と言う。その結果、「困難」は見えない敵となる。

人は多くの場合、「実際にどうであるか」を観ることができない。

もがきながら「なにも困っていません」と言う人は多い。

人は多くの場合、「目をそらす」という言葉の意味が見えない。

コンサルタントを雇っても、ビジネスは失敗する。個人事業でも、大企業でも、数々のの例を見ました。問題から目をそらして、対処法も見えなくなります。

困難や問題が「闇」なのではありません。見えなくなるから「闇」と呼んでいます。

困難に直面したとき、大抵は数分以内に次のどれかが起きる。

闇をおそれたとき、困難から目をそらす。冒険を避けるために。

闇にのまれたとき、困難は受け入れて、答えから目をそらす。自分の不幸を証明するために。

闇をアートするとき、困難を受け入れて、答えも受け入れる。自分らしく生きるために。

個人の場合の典型的な台詞は「悩みはありません。別に幸せになろうなんて思ってませんから」。

写真カードの中にさりげなく、「困難」というシリーズがあります。

「困難」を扱う講座てす。「きっと○○○○にちがいない」とあなたの心は自動的に思います。

人は多くの場合、「困難」や「悩み」という言葉をおそれます。

言葉をおそれます。

実践講座の中で一番、簡単で、軽いテーマです。

自分らしい頑張り方とつながる Points of You 実践講座 Difficulty & Identity編

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

感情知能
人を評価するとき、苦しみが隠れている

「人が間違っている。人が悪である。人が未熟だ」と評価するとき、裁くとき、 人を変えたいという気持ちが …

雑談
技術や心理学を学んでもセラピストにはなれない

技術や心理学を学んでもセラピストにはなれないと思います。 それは、数々のちょっと恐い実体験から学びま …

雑談
背中を押されて起きることは、人によって異なる

背中を押されること、元気に振る舞えと言われること、それが役に立つかどうかは、人によって事情が違います …