赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といった体験がある。

「ミルクがある」状況と、「空腹だ」は全く別のものとして体験されます。

ミルクが与えられる経験を積むことで、「空腹だ」が「ミルクがない」になってゆきます。

「求めよ、さらば与えられん」という経験から、「(空腹が)ある」から「(ミルクが)ない」へと赤ちゃんはの認識が育ちます。

ドーナツの穴は「ある」ではなく「ない」だと分かる、とでもいいましょうか。

 

大人のカウンセリングやセラピーでも同様のことが起こります。

「いじめられた」(ある)という体験は、癒しが進むことで、「味方がいなかった」(ない)と語られるようになってゆきます。

そうなれば、トラウマの克服は時間の問題といった感じがします。

 

LGBTQ差別にしても、「差別がある」という語りを超えて、「○○○が欲しい」と語られるとき、現実的な未来が見えてくるでしょう。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

心理セラピー関連
私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、クライアントである私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、 …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …