赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といった体験がある。

「ミルクがある」状況と、「空腹だ」は全く別のものとして体験されます。

ミルクが与えられる経験を積むことで、「空腹だ」が「ミルクがない」になってゆきます。

「求めよ、さらば与えられん」という経験から、「(空腹が)ある」から「(ミルクが)ない」へと赤ちゃんはの認識が育ちます。

ドーナツの穴は「ある」ではなく「ない」だと分かる、とでもいいましょうか。

 

大人のカウンセリングやセラピーでも同様のことが起こります。

「いじめられた」(ある)という体験は、癒しが進むことで、「味方がいなかった」(ない)と語られるようになってゆきます。

そうなれば、トラウマの克服は時間の問題といった感じがします。

 

LGBTQ差別にしても、「差別がある」という語りを超えて、「○○○が欲しい」と語られるとき、現実的な未来が見えてくるでしょう。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

対処法
正体の分からない不安

不安(ときに恐怖ともいえる強い不安)を感じて、行動ができなきことがあります。 通常ですと、「何を心配 …

体験談・事例
ほしいアドバイス、ほしくないアドバイス

カウンセリングなどては、アドバイスしないことが基本とされてますね。 実は専門的なアドバイスをすること …

心理セラピー関連
心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。 クライアントの目的は、幸せとか、悩 …