赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といった体験がある。

「ミルクがある」状況と、「空腹だ」は全く別のものとして体験されます。

ミルクが与えられる経験を積むことで、「空腹だ」が「ミルクがない」になってゆきます。

「求めよ、さらば与えられん」という経験から、「(空腹が)ある」から「(ミルクが)ない」へと赤ちゃんはの認識が育ちます。

ドーナツの穴は「ある」ではなく「ない」だと分かる、とでもいいましょうか。

 

大人のカウンセリングやセラピーでも同様のことが起こります。

「いじめられた」(ある)という体験は、癒しが進むことで、「味方がいなかった」(ない)と語られるようになってゆきます。

そうなれば、トラウマの克服は時間の問題といった感じがします。

 

LGBTQ差別にしても、「差別がある」という語りを超えて、「○○○が欲しい」と語られるとき、現実的な未来が見えてくるでしょう。

関連記事

  1. 原因と罪悪と責任

  2. 思考を否定することが、感情アクセスではない

  3. その悩みが人生のテーマである場合は

  4. どちらのセラピストが必要か

  5. 【心理療法:事例】「なんで私がこんな目にあうのですか」をどうするか

  6. ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

  7. 「感じなさい」にもいろいろあります

  8. 精神力動アプローチは呪術儀式みたい!?