赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といった体験がある。

「ミルクがある」状況と、「空腹だ」は全く別のものとして体験されます。

ミルクが与えられる経験を積むことで、「空腹だ」が「ミルクがない」になってゆきます。

「求めよ、さらば与えられん」という経験から、「(空腹が)ある」から「(ミルクが)ない」へと赤ちゃんはの認識が育ちます。

ドーナツの穴は「ある」ではなく「ない」だと分かる、とでもいいましょうか。

 

大人のカウンセリングやセラピーでも同様のことが起こります。

「いじめられた」(ある)という体験は、癒しが進むことで、「味方がいなかった」(ない)と語られるようになってゆきます。

そうなれば、トラウマの克服は時間の問題といった感じがします。

 

LGBTQ差別にしても、「差別がある」という語りを超えて、「○○○が欲しい」と語られるとき、現実的な未来が見えてくるでしょう。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

who is Kojun
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …

心理セラピー関連
心理セラピストに向いているのは

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。 そもそもシャッターとは抉じ …