ちゃんと泣く

ネイティブアメリカンの儀式でも、心理セラピーでも扱われる原始的な感情について。

原始的な感情である、「怒り」「恐い」のルーツは、身を守るためのものでしょう。戦うために血流を増やしたり、隠れるために血流を減らしたりね。これがない種は滅んだことでしょう。

もう一つの原始的な感情である「悲しみ」は、なんのためでしょうか。

私の空想によると、北京原人などの人類亜種が滅んだのは、もしかしたら泣けなかったからではないかと思ったりします。

簡単にいうと、立ち直るためみたいなリセット機能のようです。よい意味で諦める(その場合「諦めました」という言葉もいらなくなる)といいますか。私は「ゼロ化」と呼びます。抑圧による無感情とは違います。カタルシスとも呼ばれます。

「怒り」が戦う、「恐い」が隠れるだとすると、「悲しみ」は観るです。現実を観るために、それまで使っていたフィルターが落ちます。

頭で考えて、「こういう状態だろう」と、それを再現することはできません。この文章を読んだからといって、何もわからないし、何も観えないと思ってください。

ちゃんと泣いたことありますか? 今ここにいることが鮮明になり、リアリティだけが五感を満たすような体験があります。ただし、ちゃんと泣いた場合だけ。

関連記事

  1. 親から子への刷り込みを心配する母親へ

  2. 机上の地球

    心と人生の謎を解く3つの鍵

  3. 「頑張れ」が頑張れない人を増やす

  4. 支援者を選ぶセンスは運と経験値

  5. 「助けて」と言えない人へ

  6. 熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる

  7. コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから…

  8. 人から理解されなくて辛いと感じているなら