落ちても大丈夫になると、飛べるようになる

Facebooktwittergoogle_plus

くどいようですが、サーカスの空中ブランコは、最初に落ちる練習をするそうです。

華麗な技を繰り出すには、落ちてもケガしない、落ちても叱られない、落ちることは楽しい、そんな経験が必要です。

落ちても大丈夫になると、飛べるようになります。

心の課題に悩む人は、落ちないように飛ぼうとしていることが多いです。

あるいは、違う分野で落ちてみたりと、こじれ方もいろいろですが。

飛べる人たちは、実は落ちない人たちではなくて、落ちても大丈夫な人たち。

緊張しないのでなく、緊張する自分を赦せてる。

泣かないのではなく、泣き終わってる。

心の課題に悩む人は、落ちるのがとてつもなく恐いです。

だから、落ちないイメージの方が心理サービスは集客できたりします。

私も頑張って宣伝してみましょうか。

大丈夫、落ちないですよ。(*^▽^*)ノ

いかがでしょうか。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。 セラピストの …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。 クライアントの葛藤に …

体験のこと
知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。 それは、言葉を知っていることと、体験を知 …