不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

体験談・事例

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなんか求めなくてよくなるようです。

それよりも不完全な愛のストーリーをありがたく思えばよいと思います。

「愛なんか欲しくない」と言う人は、不完全な愛を拒絶して、綺麗事でも完全な愛を期待しています。

完全な愛を期待しているから、「愛なんか欲しくない」となっています。

完璧な愛という幻想のルーツは、赤ちゃんや幼児にとってのお母さんだったりします。お母さんが与えてくれます。

受けとれた人は、不完全な愛も受けとれます。

受けとれなかった人は、不完全な愛を受けとれず、完全な愛を探し続けます。不完全な愛を拒絶していると、偽りの愛に惹かれるようになったりします。

受けとれなかったけど、欲しかった自分を受け入れた人も、不完全な愛を受けとれるようになります。

不完全な愛が恐怖の対象でなくなると、偽りの愛が必要なくなります。一つの完璧な答えがなくとも、複数のまあまあ良い答えを頼って進めるようになります。善意の支援者も自身を犠牲にしてまで助けてはくれませんが、そんな限界ある支援者の助けへの怖さも減ります。

よく母親との心理的問題を解決された方が「母なりに私を愛していたのだなと思いました」と感想を述べることがあります。私のクライアント(来談者)にもいますし、他のところで克服された方の感想にもあります。それは母親に関する事実が判明したとかいうことよりも、ご本人の心が「不完全な愛」に対して開いた状態を表しています。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心の視点・本当の問題
嫌な過去を忘れるべきか

嫌な過去を忘れるべきか? 結論から言うと、「忘れるべき」は不正解であることが多いと思います。 自然に …

Who is Kojun?
私が「強い人」と呼ぶのは、社会的弱者や弱っている人

私は対人支援業者としては、珍しい世界観をもっています。 心理セラピストとしての私は「強い人」に関心が …

心の視点・本当の問題
「うつ病になってない」が幸せの尺度なのは疑問です

「友達の人数と幸せの関係」についての研究(統計調査)の話があるそうでして。 「友達が多いと幸せとは限 …