こわくて動けないときの、シンプルな対処法

こわくて動けないときの、シンプルな対処法の1つを挙げます。

「こわくない」と言わずに、「楽しみだ」と言ってみます。

心理カウンセリングで、クライアントさんのプロセスが進むときも「楽しみだ」が出ることがあります。「こわくない」のではなくて「楽しみ」、「こわいけど楽しみ」などです。

「こわい」を消すために「楽しみ」と言うわけでさないですよ。ほとんどね人が、ここを勘違いしますからご注意。

ちなみに、「恐い」と「楽しい」は同じ感情である(解釈の違い)という説もあります。少なくとも、それらは矛盾しないものです。

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …

心理セラピー関連
「治ればよいというものではない」という感覚

厳密に定義されたものではないですが、心の問題解決には2分野あると思ってみてください。 一つはアンイン …