こわくて動けないときの、シンプルな対処法の1つを挙げます。

「こわくない」と言わずに、「楽しみだ」と言ってみます。

心理カウンセリングで、クライアントさんのプロセスが進むときも「楽しみだ」が出ることがあります。「こわくない」のではなくて「楽しみ」、「こわいけど楽しみ」などです。

「こわい」を消すために「楽しみ」と言うわけでさないですよ。ほとんどね人が、ここを勘違いしますからご注意。

ちなみに、「恐い」と「楽しい」は同じ感情である(解釈の違い)という説もあります。少なくとも、それらは矛盾しないものです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …