五感を使う発想法

雑談

Points of You(写真カード)をインスピレーション・ツールとして使うことを、

五感を使う発想法

と呼んで、紹介しております。これは、ロジックを使わないこととでもいいましょうか。

P_20160731_174053

カエルの写真カードを観て、「これは温かいですか?冷たいですか?」と質問されたときに、「カエルは爬虫類なので、温かいのはおかしい。だから冷たい」というのは、ロジックが作り出した答えですよね。そのモードから抜け出すということをします。しかし、それは思考停止するのではないのです。思考を感覚と取り違えるのではなく、感覚を使って思考するといったところです。

ちなみに、経営心理に関して言うと、これは「上司が喜ぶように部下が報告をする」モードから「部下が事実を上司に報告する」モードへの改革によく似ています。

「五感を使う」というのは、そういうことなのです。

どういうことなんや!?

まあ、忘れてください。

 
脳科学者の養老孟司先生が、講演でホワイトボードに次のように書きました。




そして驚きの口調で言います。
「これは何色ですか?って尋ねると、多くの人が「あか」って答えるんですよ! どうみても「くろ」でしょ!」

そういうことです。人は観えたままのことが言えないのです。会社の中でも、心理セラピーの中でも時折似たようなことが起こります。感じたままではなく、こうあるべきだとか、こう言わないといけないということが先に出てきます。「私は右脳型です」とかいう人も同じです。しかし、人間がそうなるには、そうなる理由があるのです。

「頭で考えちゃだめ」とか言ってポカーンとしてもダメなのです。思考を否定するのではなく、思考に気づいて、「観る」ことに注力します。

次の写真、プリンターのインクなのですが・・・

ink-magenda

これ、何色のインクだと思いますか?

 
五感を使う発想を実体験するならこちら。⇒Points of You 実践講座

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心理セラピストの映画紹介
映画『えんとつ町のプペル』を観ました

賛否の別れている『えんとつ町のプペル』を観ました。 私はイントロのお化けが踊るシーンが好きです。 私 …

雑談
カウンセリングの基本は「傾聴」だそうですが

こんなことがありました。 ある人が「カウンセラーの人たちって上から目線で嫌いです」とSNSに書きまし …

雑談
「自己責任」の前に精神的な自立と自由を

「自己責任」という言葉に違和感をおぼえる人が多いですね。それは誰かの「私は責任負いません」を意味して …