肯定的な心理セラピーはポジティブ・シンキングではない

私には心理セラピスト業界の好きなところと嫌いなところがあります。

好きなところは「正しさを強制してこない」ってとこです。

嫌いなところは「正しさを強制してくる」ってとこです。

私は「こうあるべきだ」と押し付けられるのが嫌いです。たとえば、私は性別越境していますが、「ならば性適合手術をすべきだ。そうでないなら男らしくしろ」なんて言われるのは嫌いです。

日常で女装する生活を選んだ。でも性適合手術はしないことを選んだ。でも身体が女性になりたいなと思うこともある、そんな自分も許すことを選んだ。それが私のちょうどいいところ。

それを中途半場だとか、矛盾していると怒る人もいます。

性別越境に限らず、そんな矛盾を超越した私を許してくれるのが心理セラピーの世界です。

「したくない」「したけどできない」「したくない自分を受け入れたい」などなどの、ありのままの自分を捉えることから始めることができる。

中途半端とか矛盾なども間違いなのではなくて、それはそれとして腑に落ちてくる、それも許されるのが心理セラピーの場であります。

ですから、心理セラピスト同士が深層で繋がっている集団的な世界観も矛盾を包み込むように感じています。

ところが、臨床心理学や学術的なセラピストたちは、「なにが正しい」とか「これは間違っている」とかで言うのがけっこう好きなんですね。

なので私は学術的なセラピスト集団には属するのは好きではないです。制度上の身分を得たり、業界団体に所属したくないとうセラピストはちらほらいるようです。

お互いを「先生」と呼び合ったり、難しい知識について「え、ご存じないんですか?」みたいなことを言ったり、そんなキモイ印象もあります。

心理セラピーは、「なにがいいか」を探究しているのであって、「なにがダメか」というのを探究しているのではない。

「どうなったらいいのか」、「どうなりたいのか」を大切にしています。

心理セラピーは肯定的なものです。

しかし、それはポジティブシンキングではありません。

ポジティブシンキングや、一部のポジティブ心理学みたいに、「水のコップに半部」を「半部もある」と捉えましょうみたいな話ではないです。

「半分なんだけど、どうしたいのか?」 それを受け入れたいのか、それを増やしたいのか。

医療は先に見立て(診断、医学的適応など)があってから、次に本人の意向などを加味して、方針の選択がある。

心理セラピーは本人の意向があってから、見立てがはじまる。

心理セラピーの場合は本人が何を望んでいるかによって、見立てが変わるんですね。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。