なぜ人には寿命があるのでしょうか?

なぜ人には寿命があるのでしょうか。

ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。

※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。

ありのままの自分や他人に出会う

どんな自分でも素敵。

(いきなり、すぎましたか?)

中年後半くらいで、社会に仕掛けられたゲーム(競争)から気持的に降りて、ありのままの自分や他者を肯定するようになる。そんな人、多いように思います。歳を重ねて角が取れる、なんてことも言いますね。

寿命のおかげかなと。

もし人間が不死だったら、いつまでも優越をもとめたり、自分ではないものになろうとしたり、その人そのものを受け入れなかったり、続けてしまうかもしれません。

寿命があるから成熟するのかも。

とくに、どん底や地位を失ったときは、その効果が発せられるタイミングかもしれません。

そのとき、いい友達・知人がいるといいですね。

セラピーに熱心に取り組んだ人たちは少なくとも、自分や他人をありのままに肯定する人生を味わうことになります。

生き方を決めることができる

人生の時間に限りがあるおかげで、私たちは生き方を決めることができる。

そのおかげで、生き方を変えることもできる。

多くの人が人生を支配するパターンを変えずに一生を終える一方で、心理セラピーに熱心に取り組む中年以降の人の姿も多いです。

「生きている間に、本当の自分になりたい」 と。

視点・本当の問題
心の悩みのダウンサイジング傾向

ひと昔前には、特殊な成育歴をもつ人や、病態の重い人たちのみがもつ性質と思われていたものが、最近では万 …

視点・本当の問題
問題解決というよりも、生き方のセラピー

病を解消するというよりも、生き方のテーマを感じるケースがあります。 たとえば、対人不安でオドオドして …

視点・本当の問題
売り手は、顧客視点を持てなくなる。

久しぶりに経営心理のお話です。 押し売りの気持ちがあるとき、たいていは本人はその気持ちを自分に隠しま …