なぜ人には寿命があるのでしょうか?

視点・本当の問題

なぜ人には寿命があるのでしょうか。

ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。

※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。

ありのままの自分や他人に出会う

どんな自分でも素敵。

(いきなり、すぎましたか?)

中年後半くらいで、社会に仕掛けられたゲーム(競争)から気持的に降りて、ありのままの自分や他者を肯定するようになる。そんな人、多いように思います。歳を重ねて角が取れる、なんてことも言いますね。

寿命のおかげかなと。

もし人間が不死だったら、いつまでも優越をもとめたり、自分ではないものになろうとしたり、その人そのものを受け入れなかったり、続けてしまうかもしれません。

寿命があるから成熟するのかも。

とくに、どん底や地位を失ったときは、その効果が発せられるタイミングかもしれません。

そのとき、いい友達・知人がいるといいですね。

セラピーに熱心に取り組んだ人たちは少なくとも、自分や他人をありのままに肯定する人生を味わうことになります。

生き方を決めることができる

人生の時間に限りがあるおかげで、私たちは生き方を決めることができる。

そのおかげで、生き方を変えることもできる。

多くの人が人生を支配するパターンを変えずに一生を終える一方で、心理セラピーに熱心に取り組む中年以降の人の姿も多いです。

「生きている間に、本当の自分になりたい」 と。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
視点・本当の問題
「うつ病になってない」が幸せの尺度なのは疑問です

「友達の人数と幸せの関係」についての研究(統計調査)の話があるそうでして。 「友達が多いと幸せとは限 …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

視点・本当の問題
心理相談ではHSPという言葉は使いにくい

心理相談の現場で私はHSPという概念を自分のラベルに使うことをあまりお勧めしてません。 その特徴をチ …