支配されて生きるのも生き方。自由に手を伸ばすのも生き方。

人に劣らないこと、人から批判されないこと、などの対人的な怖れ。

たとえば、そういったものの支配から自由になること。それが(私の)セラピー+αなんだろうなと思う。

ほとんどの人は「自由になりたくない」という選択をします。口ではなんと言おうが、実際の行動は「自由になりたくない」を選びます。

悩み苦しんでいる人だけが、自由になろうとします。

その結果、悩み苦しんでいる人がセラピーのお客さんというようにみえるのですが。

諦めた人は、他人にも諦めるように迫ります。

実際には、2通りの生き方があるだけなんでしょう。

支配されて生きるのも生き方。自由に手を伸ばすのも生き方。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

雑談
セラピストは火を繋ぐ!?

私は死ぬまでに、大事なことを伝えたいと思っています。死ぬ前に限らないかもしれませんが。 それは、書き …

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
ぬいぐるみと私

昨年、どうしても授乳がしてみたくて、ぬいぐるみを買いました。 そのような狂気を断行して、気が狂わずに …

心理セラピー関連
私の辞書に「素晴らしいメソッド」なんてものはない

ときどき自分で気になって書いてるけど。 私は、使ってるメソッドの効果がすごかったとか、クライアントに …