心のお悩みにもいろいろありまして

私の立ち位置をおおまかに示すために、心のお悩みを分類してみたいと思います。

A.特性
たとえば発達障害、性的マイノリティー。私のセラピーの対象ではなく、「それは変えなくてよいものかもしれませんよ」となるケースです。

B.性格
心の発達や愛着に関するもので、私がミッシングピースと呼んでいるもの。セッション回数や期間を要します。私のクライアントになる人がいますが、その専門のカウンセラーや精神科(ただし薬ではない)が向いている人もいます。

昔は治らない病気のように思われていたふしもあるのですが、今ではよくなった事例がたくさんあるようです。

私のところに来て良くなる人もいますが、相性はあるかと思います。私のところで相性がよいのは、ある種の繊細な人(私のブログを二年間読んでから申し込むような)。個人セッションが苦手で、たまにセミナーに来てチャレンジをみせるような人も。

C.広義トラウマ
「自信がない」「他人の評価をきにしすぎる」などの広い意味での性格も含みますが、心理的な足枷を解消するようなもの。いじめなどのトラウマなど。

私が主に扱っているブリーフセラピー(短期療法)がこちら。本人のモチベーションがあれば、セラピーの1~3回でひとつのテーマに結果を得ます。

D.感情トラブル
最近こんなことがあって、ショックが覚めない、悲しみや怒りが止まらないなど。多くの場合、カウンセリング1回で終わります。

つまり、短期か長期かで分けてみたわけです。

これまでの私の立ち位置を表すためでもあるのですが、それともうひとつ。不思議なことに、多くのクライアントが、お悩み解決に時間をかけるか、一発勝負か(支援者探しの時間は除く)、ご自身で見通しご存じだったりします。そのことも、なにかのヒントになれば。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

who is Kojun
心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、 …

who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …