綺麗な心でいたい人はセラピスト向かない

Facebooktwittergoogle_plus

今回は心理セラピーの技法のお話。心理セラピーもいろいろあるのですが、多くのカウンセリングに共通なこと。

セラピストはクライアントの話にたいして、次の3種類を返すことが出来ます。

・反射
・オウム返し
・解釈

「反射」は、本人の感覚をくみとること。セラピープロセスを進めるにはこれが必要とされています。

「解釈」は、専門知識を当てはめて推測した仮説を伝える。または当てはまりそうなセオリーを伝えること。(コンサルティングや診断みたいな感じですね)

「解釈」ではセラピープロセスを進めることができません。私の個人セッションでは、事前相談の途中で使います。相談者の悩みから、根本原因を推測したり、解決策を提案したりします。

素人の悩み相談は、専門知識ではない個人的な信念に基づく解釈をしがちです。人はこれをやると気持ちがよい。自分の人生経験が役に立っているような満足感がありますので。プロはそのような満足感を求めません。

「オウム返し」は、「反射」が習得できていないセッショニストでも出来る対応方法です。表面的な対応ですが、「解釈」や「素人解釈」を避けることができる。ですので、カウンセリングスクールなどの入門で教えられていたりします。これは一般の方々もコミュニケーション技術として習得しておいてよいかもしれません。

さて、プロでも習得が難しいと言われる「反射」。なぜ難しいのか。

これはその瞬間に現れる独特のニュアンスのくみ取りです。これは心理学などを勉強するほど「解釈」化して、的外してしまいます。ですので、セラピストは、勉強した以上に自分の中で情緒の揺れを体験しておく必要があります。セラピストがどれだけ自分と向き合ってきたか、試されるわけです。

一般の方がちょこっと心理学を勉強したばかりに、「反射」できなくなっているということがよくあります。

それと、綺麗じゃないもの、間違ったことを出せない人も「反射」が苦手です。ある意味で、クライアントと一緒にダークサイドに堕ちることができる必要があります。

綺麗な心でいたい人はセラピスト向かないのです。(笑)

どおりで、私が学んだ師匠たちも、黒歴史を持つ人たちが多い。私がクライアントなら、一緒に汚れてくれるセラピストを信頼します。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから出るのが苦手になる... 「コンフォートゾーンの外へ出ろ」と言われます。日々チャレンジしてください。でも、出ろと言われるほど出れなくなる、という場合は、注意が必要です。 コンフォートゾーンの外が恐いのか、他人によって追い詰められるのが恐いのか、どちらでしょうか? ところで、内なる自分に触れて、守りを解いたとき...
カウンセラーやセラピストの選び方 カウンセラー、セラピスト、コーチ、コンサルタント等の対人援助プロフェッショナルを選ぶときのポイントにつて。いろいろありますが、プロとアマの大きな差が出る、最も基本的なところはこれです。 ・本人(クライアント)が何を望んでいるかを確認する人であること どんな目的のためにセッションを行うかを...
自分の問題から目をそらすと、他人の問題を解決したくなる... 自分の問題から目をそらした人は、他人の問題を解決したくなります。 なので、心理分野で客が多いのは支援者になるためのスクールや講座。 自分のお腹が痛いから、他人の盲腸を切りたがるとでもいいますか。 自分の問題をすべて解決してからでないと支援ができないというわけでありません。むしろ、自...
カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと... カウンセリングに行くのは弱い人間だ、と思っている経営者や男性は多いです。実はこれは日本の場合です。欧米では、エグゼクティブはカウンセラーを雇います。 コンサルタントは正すのが得意。カウンセラーやセラピストは赦すのが得意。 「正すことでしか進歩はない」「赦したら悪くなる」と信じているのであ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 タグ: パーマリンク