正体の分からない不安

不安(ときに恐怖ともいえる強い不安)を感じて、行動ができなきことがあります。

通常ですと、「何を心配しているのてすか?」とか、「行動するとどんなことが起きそうで心配なのですか?」との問いかけに対して、不安の正体が見えることがあります。

その不安や恐怖の正体が自分でなかなか分からないとき、それは「~がない」という不安かもしれません。「助けてもらえない」「誉めてもらえない」などの「ない」系は、「犬に噛まれるかも」のような対象がないのでイメージとして自覚が難しいです。

そのような場合、対象に対する恐怖症のセラピーは効果をあげません。

「犬に噛まれる」のが恐いのと、「犬に噛まれたときに助けてもらえない」という世界が恐いのかでは、全く解決方法が異なります。

さらに、「ないことを怖れるということを許す」という独特なセラピストの性質も必要となります。よく恐怖症のセラピーは簡単と言われますが、この場合はちょっと難しくなります。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

who is Kojun
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …

心理セラピー関連
心理セラピストに向いているのは

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。 そもそもシャッターとは抉じ …