怒りの感情の解放

「感情を出しましょう」とは、「感情を相手に伝えましょう」という意味ではないです。抑圧に支配されていると、この違いが見えません。

怒りの感情を抑圧している人は、凶暴になりたくないと思っていますが、凶暴です。

怒りを抑圧してきる人は「怒りを出す」=「相手に思い知らせる」と思い込んでいます。

「怒り」は自分の持ち物だということを知りません。「怒り」に相手しか登場しません。

「だって怒りは相手に対してのものでしょ」と言います。そうですが、誰が怒っているのか? 「私」です。「私は相手に対して怒っている」のです。

しかし、セラピー中に言葉を発するワークをするとき、心の病が深いと、この「私は」という台詞を言うことができません。

「感情を出しましょう」とは、「感情を相手に伝えましょう」という意味ではなく、「私は」と言いましょうということです。

それができない人は、「はい、わかりました。あいつに会って対決してきます」と言います。

その状態を解いた人だけが、心の課題を解消さます。

具体的なやりかたは、セラピー中にガイドします。頭で理解することは困難ですが、言われたとおりにやることは簡単です。

素直にやる人もいます。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …