個人セッションはオンラインのみ、新規受付を再開します。
CATEGORY

Who is Kojun?

  • 2018-09-28

命綱を手放すこと

一年前のつぶやきを見つけました。 「人に命綱がついていてね。谷を飛び越えるためには、その綱をはずさないと、谷の向こうへは届かないなんてことがあったとしたら。綱をつけたまま飛んでも、失敗します。   だからセラピストやらコーチやらはその綱をはずしてもらおうとします。   私ね、その綱が解決を妨げるのは […]

  • 2018-06-04

私のセラピスト観を神話風に

私のセラピスト観を神話風に書いてみます。 ・・・ 一度も自分を生きたことがない人が、道徳だの倫理だの言って、罪なき人々を叩く。 怖れに負けて人を叩く。人を叩くことに人生を捧げる。 人の道を説くということは、特定の道を外れた者を人間扱いしないという宣言。 叩かれた人を人間扱いする。それは自分を生きた人 […]

  • 2018-04-25

背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。 クライアントの葛藤に立ち会うときの私と似ているような気がします。 背中を押せば成果が出るかもしれないのですが、押さないのです。進むことができるための支援はしますが。 一方で、それが理解できないセッショスト(セラピスト等) […]

  • 2018-04-05

知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。 それは、言葉を知っていることと、体験を知っていることの違い。 以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。 体験が伴っていないうちは、知識を通して人を見ています。それは人を見ているつもりで、知識を見ている […]

  • 2018-03-02

泣いてる人を見て、慰めるのはやめようよ。

セラピストなどは人に「ああしろ、こうしろ」と言わない方がよいとされていますが・・・。もちろん、言いたいことを言ってみることもあります。   泣いてる人を見て、慰めるのはやめようよ。 泣いてる人を見たら、尊敬しようよ。 泣いてる人は、あなたが良い人になるための機会ではない。 泣いてる人は、生 […]

  • 2018-01-31

間違える怖さを克服できないなら、セラピストはできない

間違える怖さを克服できないなら、セラピストはできない。 「一度も失敗したことがない」とか、「クライアントから不満を言われたことはない」と言う人は、ちょっと恐いと思う。 たまには「あなたのせいで傷つきました」くらい言われますよ。そこで、「ちがう、私は悪くないっ」ってやってる暇はない。 あるいは、クライ […]

  • 2018-01-22

クリエイティブファミリーのパマ

性別を越境しているノンバイナリー・トランスジェンダーのわたしは、結婚したいとしたら相手は男か女かと訊かれることがあります。 実は夢想することがあります。 「パマ」になりたい。 パパとママの中間体、パマです。 パパ(男)とママ(女)とパマ(私)と子供で暮らしてる。生殖テクノロジーの進歩により、3人以上 […]

  • 2018-01-12

私は「勧善懲悪」が好きではないようてす

私は勧善懲悪の感覚が薄いのかもしれません。その「懲悪」について書いてみます。 何年も前に、児童養護施設(親と一緒にいれない子供たちの住む施設)の子供たちと遊園地で遊びました。 その日は担当したグループの中に、生意気な小さなクリクリ男子がいました。 遊園地のアトラクションで、クリクリ男子ははしゃいで走 […]

  • 2017-10-26

大学時代の想い出

24歳頃をピークに知識は減り始め、本も少しずつ減ってきた。さっさと使って減らそう。 知識とは、まだ登っていない梯子。 大学理学部での専門授業がつまらなくて、なんとなく所属とは関係ない素粒子物理学の教授の部屋に遊びに行きました。何も知らない知的な人でした。 コーヒーを出してくれました。 「もはや実験で […]

  • 2017-10-15

重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展

「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。 絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。 制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。 この日、財布を忘れて出掛けたのですが、そんな不自由な状況も […]

  • 2017-09-07

グループセッションでの自己開示

一連のグループセッションを終えました。ご協力方々や参加者のおかげさまで、大変もりあがりました。 グループセッションで、よく一部の参加者が言われること。「心を開きたい、自分を開示してみたい、でも抵抗もある。でも、今回は大丈夫な予感がして来てみた」 何を話すか話さないか、ご自身で判断していただいています […]

  • 2017-08-10

花はいいですねえ

花はいいですねえ そこにしかないし ただ咲いていたいだけ 人を支配せず、咲いてみせるだけ 私のクライアントも、そんな人が多い

  • 2017-02-07

歌うKojun

昨年、地下鉄の改札前で、 「it’s like heaven to touch oh i wanna hold you so much thanks god i am alive goog to be true i can’t take my eyes off of you」 […]

  • 2015-08-19

【体験談】集団に属するのが嫌いな私

私は懇親会が苦手なタイプです。あまり楽しめないし、ノリに合わせることが苦手です。せっかく何かのコミュニティに参加しても、社交的になれず、人脈的に損をしています。 ボランティアでお揃いのポロシャツを着るとか、みんなで輪になって同じ動作をするとか、抵抗があります。とくに、みんなが楽しくはしゃぎ始めると、 […]

  • 2015-07-23

勇気ある「1%な人々」の傷ついた心

いつか書いてみようと思っていたことがあるんです。 高校の体育祭で、クラス対抗の応援ダンス合戦というのがありました。 私がいたのは男子だけのクラス。「女子がいるクラスでは出来ないようなバカなことをして、笑いをとる」ことが恒例となっていました。 ダンスの決めのポーズのところで、ペアの一人が胸をつきだし、 […]