真実を味方につけるカウンセリング

真実が味方になると頼もしい。

「真実を受け入れたら、楽になった」という経験をすると、真実が味方になる。

「カウンセラーに慰められたから、楽になった」という経験をすると、カウンセラーが味方になるけど、それは真実ほど頼もしくない。

だから、今まで出会ったカウンセラーは、ここぞというとき、慰めずに見守っていた。

心を開く(自分に向き合うまで)までは、優しい言葉はプロセスを進めるために役に立つ。心を開いた後の優しい言葉は、カウンセラーがクライアントに好かれるための営業。

プロはこの営業を放棄して、クライアントと真実が繋がるのを待つ。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …