真実を味方につけるカウンセリング

Facebooktwittergoogle_plus

真実が味方になると頼もしい。

「真実を受け入れたら、楽になった」という経験をすると、真実が味方になる。

「カウンセラーに慰められたから、楽になった」という経験をすると、カウンセラーが味方になるけど、それは真実ほど頼もしくない。

だから、今まで出会ったカウンセラーは、ここぞというとき、慰めずに見守っていた。

心を開く(自分に向き合うまで)までは、優しい言葉はプロセスを進めるために役に立つ。心を開いた後の優しい言葉は、カウンセラーがクライアントに好かれるための営業。

プロはこの営業を放棄して、クライアントと真実が繋がるのを待つ。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

体験談・事例
泣き止むには、まず泣かないとね。

泣き止むには、 まず泣かないとね。かつて自身のセラピーに没頭した頃、自分の中の何かが泣き止むという体 …

心理療法セラピー関連
本当の解決をしたいなら、ネガティブ感情を怖れないセラピストがよい

ネガティブな感情をなくすのが仕事だと思っているセラピストがいます。「悲しい」を「悲しくない」に変える …

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。セラピストのた …