真実を味方につけるカウンセリング

Facebooktwittergoogle_plus

真実が味方になると頼もしい。

「真実を受け入れたら、楽になった」という経験をすると、真実が味方になる。

「カウンセラーに慰められたから、楽になった」という経験をすると、カウンセラーが味方になるけど、それは真実ほど頼もしくない。

だから、今まで出会ったカウンセラーは、ここぞというとき、慰めずに見守っていた。

心を開く(自分に向き合うまで)までは、優しい言葉はプロセスを進めるために役に立つ。心を開いた後の優しい言葉は、カウンセラーがクライアントに好かれるための営業。

プロはこの営業を放棄して、クライアントと真実が繋がるのを待つ。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

心理療法セラピー関連
思考を否定することが、感情アクセスではない

感情に気づくことは、あらゆる問題の解決のカギであり、宝の宝庫です。思考と感情は同時に使えません。感情 …

心理療法セラピー関連
心理カウンセリングの成果は二者択一

カウンセリングで人生を支配する心理課題(広義のトラウマ)に悩みの根本原因がみつかったとき、クライアン …