思考を否定することが、感情アクセスではない

感情に気づくことは、あらゆる問題の解決のカギであり、宝の宝庫です。

思考と感情は同時に使えません。感情を避けるために、思考していることも多いです。

でも、思考を否定しても、それは思考の否定という思考でしかありません。

思考を否定することで感情に気づくことはできません。感情を大切にすることでしか、感情に気づくことはできません。

思考は逃げ道です。たいていのセラピストは、逃げ場をふさぐことで、感情へ向けようとします。「考えちゃダメ」と言います。

私の場合は、感情への怖れを共有したところから始め、感情の面白さへと招きます。

たとえば、クライアントの前で涙を流して見せます。「ほら、これが涙ですよ。あなたは、涙を流す人を見て、カッコ悪いと思いますか?」と聞いてみたりします。自分の恐怖体験を語り、鳥肌を見せます。「どうですか? これが弱い人にみえますか?」と。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …