思考を否定することが、感情アクセスではない

感情に気づくことは、あらゆる問題の解決のカギであり、宝の宝庫です。

思考と感情は同時に使えません。感情を避けるために、思考していることも多いです。

でも、思考を否定しても、それは思考の否定という思考でしかありません。

思考を否定することで感情に気づくことはできません。感情を大切にすることでしか、感情に気づくことはできません。

思考は逃げ道です。たいていのセラピストは、逃げ場をふさぐことで、感情へ向けようとします。「考えちゃダメ」と言います。

私の場合は、感情への怖れを共有したところから始め、感情の面白さへと招きます。

たとえば、クライアントの前で涙を流して見せます。「ほら、これが涙ですよ。あなたは、涙を流す人を見て、カッコ悪いと思いますか?」と聞いてみたりします。自分の恐怖体験を語り、鳥肌を見せます。「どうですか? これが弱い人にみえますか?」と。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

体験談・事例
あがり症の共通点

あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。 …