Hate or Wish ~ 被害者、加害者、裁き屋

人間関係

コメディアンの浜ちゃんがブラックフェイス(顔を黒く塗る黒人仮装メイク)をして、黒人差別だと批判されています。

「傷つく人がいることを知らないなんて、日本の恥だ」

「目を疑います」

また、それに反対の意見も。

「黒人差別の意図はない」

「騒ぐ方こそ差別感ある証拠だ」

この様相、人間関係の問題に表れる普遍的なパターンがうかがえます。

私はというと、差別かどうか言ってるものはいずれも同意しかねます。

普遍的なパターンとは、人は被害者、加害者、裁き屋のいずれかの役を引き受けることで、平和を手放すというもの。

「差別だ」(→差別している人を恨もう)

「差別ではない」(→差別だと言っている人を恨もう)

いずれも誰かを裁いたり、恨んだりする方へとエネルギーが向かう。

問題を解決すること=悪を正すこと という枠組みを抜け出さない限り、この連鎖は続く。

被差別の苦しみを減らしたいのか、大義名分のもとで悪人を攻撃したいのか。

Hate or Wish ?

悪を責めるのでなく、何を望んでいるかを語る能力が重要です。

でも、どちらでも選べます。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心の視点・本当の問題
嫌な過去を忘れるべきか

嫌な過去を忘れるべきか? 結論から言うと、「忘れるべき」は不正解であることが多いと思います。 自然に …

Who is Kojun?
私が「強い人」と呼ぶのは、社会的弱者や弱っている人

私は対人支援業者としては、珍しい世界観をもっています。 心理セラピストとしての私は「強い人」に関心が …

心の視点・本当の問題
「うつ病になってない」が幸せの尺度なのは疑問です

「友達の人数と幸せの関係」についての研究(統計調査)の話があるそうでして。 「友達が多いと幸せとは限 …