Hate or Wish ~ 被害者、加害者、裁き屋

コメディアンの浜ちゃんがブラックフェイス(顔を黒く塗る黒人仮装メイク)をして、黒人差別だと批判されています。

「傷つく人がいることを知らないなんて、日本の恥だ」

「目を疑います」

また、それに反対の意見も。

「黒人差別の意図はない」

「騒ぐ方こそ差別感ある証拠だ」

この様相、人間関係の問題に表れる普遍的なパターンがうかがえます。

私はというと、差別かどうか言ってるものはいずれも同意しかねます。

普遍的なパターンとは、人は被害者、加害者、裁き屋のいずれかの役を引き受けることで、平和を手放すというもの。

「差別だ」(→差別している人を恨もう)

「差別ではない」(→差別だと言っている人を恨もう)

いずれも誰かを裁いたり、恨んだりする方へとエネルギーが向かう。

問題を解決すること=悪を正すこと という枠組みを抜け出さない限り、この連鎖は続く。

被差別の苦しみを減らしたいのか、大義名分のもとで悪人を攻撃したいのか。

Hate or Wish ?

悪を責めるのでなく、何を望んでいるかを語る能力が重要です。

でも、どちらでも選べます。

人間関係
プレイボーイはセックスを断っても怒らない

男の子がね、「好きだよ」「大切にするよ」とか言っても、それらがすべてセックスにありつくための発言なら …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

視点・本当の問題
心の悩みのダウンサイジング傾向

ひと昔前には、特殊な成育歴をもつ人や、病態の重い人たちのみがもつ性質と思われていたものが、最近では万 …