背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。

クライアントの葛藤に立ち会うときの私と似ているような気がします。

背中を押せば成果が出るかもしれないのですが、押さないのです。進むことができるための支援はしますが。

一方で、それが理解できないセッショスト(セラピスト等)もいます。成果を出すことへのこだわりがあります。

その違いはどこからくるのでしょうか?

成果よりも大事にしているものがあるか、という違いでしょうか。

もう1つ思い当たるのは、「押す」以外の方法、すなわち「引く」という方法を持っているかどうかです。

私は、その人が何を望んでいるかに、かなりこだわります。押す以外の原動力は、そこにしかないからです。

※当サイトのブログ記事は私見です。ご自身の判断と責任においてご活用ください。
※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成・フィクション化をしています。