ネガティブに耐性がないのは本当はポジティブではない

ボジティブな支援スタイルあるある

カウンセリングやセラピーの中には、ネガティブな考えをポジティブな考えに変えてゆこうとするスタイルがあります。

それが効果があるケースもあるのですが、一時的に気分が良くなって後に元に戻るというケースももあります。

問題の根っこが心の浅いところにあるお悩みの場合は、ボジティブに捉え直すことでお悩みが解決します。

また、心の深いところにあるお悩みの場合にも、底を蹴った後には効果があります。

ご自身のお悩みが、ボジティブシンキングで解決するのか、しないのか、経験的に推し量り相談相手を選ぶことをお薦めします。

ネガティブ耐性がないのはポジティブではない

あなたが探す支援者にネガティブ耐性が必要か考えてみましょう。

相手がもつネガティブな心を嫌って、ポジティブに正そうとする。そんな傾向の人には、相手の言動をネガティブに解釈するという傾向があります。カウンセラーもやりがちです。

たとえは、トランスジェンダー女性が「私はホンモノの女ではないですから」と言ったとき、自信のなさとも、自信のあらわれとも解釈できるわけです。

ネガティブ耐性がない支援者は「そんなふうにネガティブにならないでポジティブになろうよ」と言います。

誇りをもっているトランスジェンダーにとって「ホンモノの女ではない」こと自体は悲しみではないかもしれません。

ネガティブを怖れるあまり、ネガティブに解釈して、正そうとしてしまうのです。

それは相手を見下す傾向(専門用語でディスカウントといいます)とも繋がっています。

本当にポジティブならネガティブ耐性がある

たとえば、「うちは零細企業です」「私は低学歴だから」「細々とやってます」「身の程を知りました」「わたしなんか…」などと言うと、本当にポジティブな支援者は「かっこいいですね」と捉えます。それは底を蹴る勇気の兆候でもあるからです。

ネガティブ耐性がなかったり、可哀想な人が好きでカウンセラーになったような人は「この人は自信がないんだ」と解釈します。自分の心が投影されて見えるわけです。

零細、低学歴、細々、わたしなんか、などの言葉に「うわー、この人は不幸だー」と恐怖を感じてしまうわけです。

しかし、零細、低学歴、細々の苦労を知ってて、それでも人は幸せになると知っている支援者は、苦しみに共感しつつもニコッと笑うわけです。「いい経験の真っ最中だなー」と。

ダメ人間カンパ~イ

私のスタイルでは、「俺はダメ人間だ〜」と言われれば、「そっか、ダメ人間カンパ~イ」となります。ダメ人間が人生を楽しむのを知っているからです。「そんなふうに自分を否定しないで」とはなりません。

ボジティブシンキングしない私がカウンセリングを受けると、人を見下すカウンセラーからは可哀想な人とみなされて、ポジティブになるよう勧められます。可哀想な人あつかいされて、元気なくなります。

一方で、苦しみの現実と向き合い、幸せを諦めずもがいている人たちからは「強さをもらった」と言われます。

Follow Kojun on note.
最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。