精神分析の心理セラピーは過去をほじくる?

よく、「精神分析の心理セラピーは過去をほじくるから、けしからん」という意見があります。

精神分析心理学の知識を使って、「きっとこの人は幼少期に〇〇で、いま〇〇になってるんだな」みたいに人を見て、過去を言い当てたり、アドバイスしたりして、心理学が役に立ってるとか思い込んでる人、けっこういる。

相談員やカウンセラーにもけっこういるのかもしれない。

精神分析が嫌われるわけだ。

切れるメスを持っているからといって人の体を切ってよいわけではない。

「精神分析は過去をほじくるからダメだ」と言われるのも、ごもっともですね。

 

それは心理セラピストが、心理学を学んだ人なのか、当事者経験をしてきた人なのか、によるかなと思います。

心理学というのは「子供のころにネグレクトされた人は愛着障害になる」みたいな因果論を教えます。当事者体験は「子供のころをを扱うと愛着障害が回復する」という目的論を教えます。

過去=因果論 ではないのです。目的論=過去を扱わない でもないのです。

 

精神分析や力動論の心理セラピーは幼少期や過去の出来事を扱うけと、それは過去ではなく今を扱っています。

実は「幼少期がこうだったから今こうなっている」という原因論には興味はなく、「今ここ」を生きるために幼少期のイメージワークをしています。

つまり幼少期の記憶や出来事は、諸悪の原因ではなくて、有難い解決の鍵なのです。

だから、幼少時代の体験を語り、苦しみを表現したり、涙を流したあと、幼子のように目が輝いてホッとされるわけです。

「子供のころにネグレクトされた人は愛着障害になる」みたいな法則はどうでもよくて、「この人の愛着障害を解消する鍵は、ネグレクトの悲嘆の完了である」という個々の仮説のみに意味があります。

心理学の知識はどうでもよくて、誰に話すかが大事です。

そのあたりができていないと、過去をほじくるだけとなってしまいます。

心理セラピーでは、目的(解決したい悩みなど)があって、その解決に関係ある過去だけ扱います。本人が求めていなければ(依頼されなければ)、過去には触れません。解決できる見込みをもってしか過去には触れません。

解決を求められていなくて、解決策もなく、ただ過去のことを言い当てるという人がいます。当事者視点なく臨床心理学を学ぶとそうなります。

それは「私が不幸なのは幼少期のせいなのだ」という貧困なストーリーを通して人生を歩んでしまうことを促がします。

実際の人間や人生はもっと豊かなものです。

精神分析を含む心理セラピーは不幸の理由を探しているのではありません。本当の自分を探しているのです。救済可能な、おきざりにされた自分を探しているのです。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。