「治ればよいというものではない」という感覚

厳密に定義されたものではないですが、心の問題解決には2分野あると思ってみてください。

一つはアンインストール系。問題が生じているので、それを取り除けばよいというもの。

たとえば、飛行機恐怖症で海外出張に行けなくて困ってるとします。その場合は、飛行機恐怖症(飛行機は恐いという自動反応)を取り除けばよいわけです。

どちらかというと、アプローチは何でもよいわけです。

もう一つは、インストール系。発達過程に躓きがあったり、不安定な愛着スタイルのような場合。

これは、足りないもの(愛、安心感、内なる安全基地)を受け入れてゆくもの。人から愛をもらうようにして、自分を作ってゆくもの。

自分を作るわけだから、愛を与える側になってゆくものだから、それはアプローチは選びたいわけです。

「治ればよいというものではない」という感覚があります。

その満たされる体験が自分の中に残り続けるのですから、その直感は的を得ています。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

対処法
正体の分からない不安

不安(ときに恐怖ともいえる強い不安)を感じて、行動ができなきことがあります。 通常ですと、「何を心配 …

体験談・事例
ほしいアドバイス、ほしくないアドバイス

カウンセリングなどては、アドバイスしないことが基本とされてますね。 実は専門的なアドバイスをすること …

心理セラピー関連
心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。 クライアントの目的は、幸せとか、悩 …