メソッド化できない心理セラピー

心理療法の分野では標準化されたものがよいとされています。標準化というのはマニュアル化されていて、誰がやっても同じ結果が期待できるるというような意味です。つまりそれは、研究者や行政にとってよいってことですね。

標準化できないものは、職人芸みたいなものだから価値がないというわけです。

昔のセラピストでミルトン・エリクソンはという人がいて、ケースバイケースであの手この手で常識破りのセラピーをしていたそうです。アンコモンセラピーと呼ばれたりします。

そういうのも標準化できないですよね。基本方針みたいなのはあるけど、「臨機応変になんでもあり」っていう方針ですからね。

Kojunもけっこうアンコモンかもしれません。

といっても我流というわけでもなく、「Kojunの心理セラピー特徴」に書いているように、一応の技法というのはもっています。複数ですが師匠もいます。

たとえば、あるグループセッションで「苦手なことも頑張って、やっと成果が出て来ていたのに、あることが起きて、すべて水の泡になってしまった」と語られたとき、私は「水の泡という何かになったんですね。それは全く立派ではない何かだけど、その何かになったんですね」と言いました。そして、グループの中である癒しのプロセスが起こりました。

こういうのは、メモして真似してもろくなことにならないと思います。受け売りでは効果はないのです。

正直に「あるセラピストはこんなふうに言ったそうです」と言うならマシかもしれません。

本当のことを言うと、カウンセリング技術として「聞きながら頷く」なんてのも、共感している人の真似にすぎないので、ろくなことないんですけどね。

また、別のセッションでは、クライアントは虐待を受けるなどしながら、実は家族システムの中である役割を担っていたことに気づきました。そこで私は「ありがとう」という言葉を言ったのでした。私はその家族メンバーではないので、私がお礼を言うのは奇妙です。

これも、メモして真似しても、ろくなことにはならないでしょう。

この言葉は、ある生き方をしていないと意味を持たないからです。そしてそのことがクラアントに伝わっている必要があります。

ちなみに、自己愛性パーソナリティ障害のようなパーソナリティ状態になっていると、そのようなパーツを切り取って真似したくなるようです。なぜそうなるのかはここで説明しませんが。自己探求のヒントになります。

水の泡を愛し、被虐待者に感謝するというのは、自分でも不思議に思います。

それはどこから来るのか?

たとえば罪悪感がその人を苦しめているらしいと感じ取ったとします。そこで「罪悪感を感じなくてもいいよ」と声をかけてもセラピーにはならないのです。セラピストは「罪悪感を感じなくていい」というセリフを言うのではなくて、「罪悪感を感じなくていい」ということを証明してみせなければなりません。言葉を使ったセラピーであっても、言葉の通りに人が変わることはありません。言葉の通りに代わるのであれば、セラピーに申し込まずに啓発本でも読めば済むことです。

証明するためには何でもしますよというのが、アンコモンセラピーなんでしょう。

そして証明するには、それが真実である必要があります。

なのでセラピストは自分の人生において、真実をみたことがある必要があると思います。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。