セラピープロセスの前半は、自分の体験に気づくいてゆくこと

レスリーらのセラピー専門書を読み直してみました。最先端とは言えないけど、ちょっぴり古いだけに基本がしっかり研究されています。心の問題解消のプロセスの前半は、やはり同じですね。ブログにもよく書いていますが、自分の体験に気づいていくこと。「自分の心と対話する」と表現しているのは、その入口です。

その「前半プロセス」で、日常の心理トラップはほぼ扱えます。様々なメソッドが形を変えてその「やり方」を教えています。私の講座では、「やり方」how-toはそこそこに、why-toを扱っています。

「後半プロセス」は、流派によって狙うところが違うように感じました。私がセラピーで提供するのは、人生を長期的に支配する自分の中の何か(広義のトラウマ)の解除です。商品は心の自由です。

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …

心理セラピー関連
「治ればよいというものではない」という感覚

厳密に定義されたものではないですが、心の問題解決には2分野あると思ってみてください。 一つはアンイン …