セラピープロセスの前半は、自分の体験に気づくいてゆくこと

Facebooktwittergoogle_plus

レスリーらのセラピー専門書を読み直してみました。最先端とは言えないけど、ちょっぴり古いだけに基本がしっかり研究されています。心の問題解消のプロセスの前半は、やはり同じですね。ブログにもよく書いていますが、自分の体験に気づいていくこと。「自分の心と対話する」と表現しているのは、その入口です。

その「前半プロセス」で、日常の心理トラップはほぼ扱えます。様々なメソッドが形を変えてその「やり方」を教えています。私の講座では、「やり方」how-toはそこそこに、why-toを扱っています。

「後半プロセス」は、流派によって狙うところが違うように感じました。私がセラピーで提供するのは、人生を長期的に支配する自分の中の何か(広義のトラウマ)の解除です。商品は心の自由です。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
本当の解決をしたいなら、ネガティブ感情を怖れないセラピストがよい

ネガティブな感情をなくすのが仕事だと思っているセラピストがいます。 「悲しい」を「悲しくない」に変え …

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。 セラピストの …

心理療法セラピー関連
真実を味方につけるカウンセリング

真実が味方になると頼もしい。 「真実を受け入れたら、楽になった」という経験をすると、真実が味方になる …