セラピープロセスの前半は、自分の体験に気づくいてゆくこと

レスリーらのセラピー専門書を読み直してみました。最先端とは言えないけど、ちょっぴり古いだけに基本がしっかり研究されています。心の問題解消のプロセスの前半は、やはり同じですね。ブログにもよく書いていますが、自分の体験に気づいていくこと。「自分の心と対話する」と表現しているのは、その入口です。

その「前半プロセス」で、日常の心理トラップはほぼ扱えます。様々なメソッドが形を変えてその「やり方」を教えています。私の講座では、「やり方」how-toはそこそこに、why-toを扱っています。

「後半プロセス」は、流派によって狙うところが違うように感じました。私がセラピーで提供するのは、人生を長期的に支配する自分の中の何か(広義のトラウマ)の解除です。商品は心の自由です。

関連記事

  1. 愛着とインナーチャイルド

  2. トラウマ克服のアフターケアと再決断

  3. 昔の神託や儀式は心理セラピー?

  4. 心理セラピーの目的は原因を知ることではない

  5. 絶望を感じて、本当に前向きになる

  6. 心理療法とエビデンス(2)「効果」よりも細かなこと

  7. 相談したいけど、秘密を話したくない。そんなとき探す相談相手は?

  8. 現代のセラピーは、矯正から願いへ