自分の問題から目をそらすと、他人の問題を解決したくなる

自分の問題から目をそらした人は、他人の問題を解決したくなります。

なので、心理分野で客が多いのは支援者になるためのスクールや講座。

自分のお腹が痛いから、他人の盲腸を切りたがるとでもいいますか。

自分の問題をすべて解決してからでないと支援ができないというわけでありません。むしろ、自分の代わりに他人の問題を解決したがる人が、あたかも自分に心理課題なしと振る舞います。だって、目をそらしたのが始まりですから。

そんな中、自らが向き合うことを第一とする人は、なんとなく会えばわかります。そういう人はお勉強ではなく、チャレンジをしていることが多い。

私は、自ら転びながら擦り傷さすってるセラピストが好きです。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …