自分の問題から目をそらすと、他人の問題を解決したくなる

自分の問題から目をそらした人は、他人の問題を解決したくなります。

なので、心理分野で客が多いのは支援者になるためのスクールや講座。

自分のお腹が痛いから、他人の盲腸を切りたがるとでもいいますか。

自分の問題をすべて解決してからでないと支援ができないというわけでありません。むしろ、自分の代わりに他人の問題を解決したがる人が、あたかも自分に心理課題なしと振る舞います。だって、目をそらしたのが始まりですから。

そんな中、自らが向き合うことを第一とする人は、なんとなく会えばわかります。そういう人はお勉強ではなく、チャレンジをしていることが多い。

私は、自ら転びながら擦り傷さすってるセラピストが好きです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

who is Kojun
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …

体験談・事例
不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなん …