自分の問題から目をそらすと、他人の問題を解決したくなる

自分の問題から目をそらした人は、他人の問題を解決したくなります。

なので、心理分野で客が多いのは支援者になるためのスクールや講座。

自分のお腹が痛いから、他人の盲腸を切りたがるとでもいいますか。

自分の問題をすべて解決してからでないと支援ができないというわけでありません。むしろ、自分の代わりに他人の問題を解決したがる人が、あたかも自分に心理課題なしと振る舞います。だって、目をそらしたのが始まりですから。

そんな中、自らが向き合うことを第一とする人は、なんとなく会えばわかります。そういう人はお勉強ではなく、チャレンジをしていることが多い。

私は、自ら転びながら擦り傷さすってるセラピストが好きです。

雑談
支配されて生きるのも生き方。自由に手を伸ばすのも生き方。

人に劣らないこと、人から批判されないこと、などの対人的な怖れ。 たとえば、そういったものの支配から自 …

サービス関連
なんだかユルいセラピーのスタイル

かつて、セラピーの練習会に行ってみて、なんか意見を求められたときに思ったことは・・・ セラピーするこ …

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …