自分の問題から目をそらすと、他人の問題を解決したくなる

Facebooktwittergoogle_plus

自分の問題から目をそらした人は、他人の問題を解決したくなります。

なので、心理分野で客が多いのは支援者になるためのスクールや講座。

自分のお腹が痛いから、他人の盲腸を切りたがるとでもいいますか。

自分の問題をすべて解決してからでないと支援ができないというわけでありません。むしろ、自分の代わりに他人の問題を解決したがる人が、あたかも自分に心理課題なしと振る舞います。だって、目をそらしたのが始まりですから。

そんな中、自らが向き合うことを第一とする人は、なんとなく会えばわかります。そういう人はお勉強ではなく、チャレンジをしていることが多い。

私は、自ら転びながら擦り傷さすってるセラピストが好きです。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
本当の解決をしたいなら、ネガティブ感情を怖れないセラピストがよい

ネガティブな感情をなくすのが仕事だと思っているセラピストがいます。 「悲しい」を「悲しくない」に変え …

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。 セラピストの …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。 クライアントの葛藤に …