「天然の痛み」を大切にする

自分と向き合う

人は自己一致(他の言い方もありますが)しないように出来ています。

悩みを越えるために、そこから解放されるには、すでにそこにある「天然の痛み」がカギとなります。

「痛み」は大切なものです。

自己不一致の道を選んだ人、たとえば劣等感を隠したまま優越感を手に入れた人は、人を変えたくなります。評価したり、存在を排除したり、叩いたりしたくなります。

人を変えたくなった人は、人のために「フェイクの痛み」つくり出します。それは、説教叱責
や評価の形をとります。

人工の痛みが、天然の痛みの代わりになることはないようです。

人工の痛みで人を変えようとする人ではなく、天然の痛みを大切にして変われるようにしてくれる人が貴重です。

痛みを作り出すのではなく、そこにある痛みを使います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
自分と向き合う
代理思考(怖れがつくりだす思考)

私が「怖れ」と呼んでいるものは、人が自分のネガティブ感情をないものとしようとする心理現象のことです。 …

自分と向き合う
痛みという能力のこと

本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。 目を開ける方法は、目 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …