「天然の痛み」を大切にする

人は自己一致(他の言い方もありますが)しないように出来ています。

悩みを越えるために、そこから解放されるには、すでにそこにある「天然の痛み」がカギとなります。

「痛み」は大切なものです。

自己不一致の道を選んだ人、たとえば劣等感を隠したまま優越感を手に入れた人は、人を変えたくなります。評価したり、存在を排除したり、叩いたりしたくなります。

人を変えたくなった人は、人のために「フェイクの痛み」つくり出します。それは、説教叱責
や評価の形をとります。

人工の痛みが、天然の痛みの代わりになることはないようです。

人工の痛みで人を変えようとする人ではなく、天然の痛みを大切にして変われるようにしてくれる人が貴重です。

痛みを作り出すのではなく、そこにある痛みを使います。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …