「天然の痛み」を大切にする

人は自己一致(他の言い方もありますが)しないように出来ています。

悩みを越えるために、そこから解放されるには、すでにそこにある「天然の痛み」がカギとなります。

「痛み」は大切なものです。

自己不一致の道を選んだ人、たとえば劣等感を隠したまま優越感を手に入れた人は、人を変えたくなります。評価したり、存在を排除したり、叩いたりしたくなります。

人を変えたくなった人は、人のために「フェイクの痛み」つくり出します。それは、説教叱責
や評価の形をとります。

人工の痛みが、天然の痛みの代わりになることはないようです。

人工の痛みで人を変えようとする人ではなく、天然の痛みを大切にして変われるようにしてくれる人が貴重です。

痛みを作り出すのではなく、そこにある痛みを使います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

マインドフルネス
痛みという能力のこと

本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。 目を開ける方法は、目 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …

心理セラピー関連
「ゆるす」とは、自分の怒りをゆるすことでもある

私ね、拷問して殺したい、腹立つ人がいます。 拳で頭を叩いてきた人よりも、馬乗りで私の服を脱がそうとし …