「天然の痛み」を大切にする

人は自己一致(他の言い方もありますが)しないように出来ています。

悩みを越えるために、そこから解放されるには、すでにそこにある「天然の痛み」がカギとなります。

「痛み」は大切なものです。

自己不一致の道を選んだ人、たとえば劣等感を隠したまま優越感を手に入れた人は、人を変えたくなります。評価したり、存在を排除したり、叩いたりしたくなります。

人を変えたくなった人は、人のために「フェイクの痛み」つくり出します。それは、説教叱責
や評価の形をとります。

人工の痛みが、天然の痛みの代わりになることはないようです。

人工の痛みで人を変えようとする人ではなく、天然の痛みを大切にして変われるようにしてくれる人が貴重です。

痛みを作り出すのではなく、そこにある痛みを使います。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …

自分と向き合う
自分を見捨てるのをやめたときに、それは変わります。

自分を客観的に観ることができないのは、主観的に自分の感情・怖れ・欲求を観ることができないからです。 …

自分と向き合う
自己一致すると見えてくるものがある

「自己不一致」というのは、自分に正直ではないことを言います。それは人間だれしも持っているものだと思い …