人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、

笑顔を抑えないように心掛けるのよ。

いつも誰にでも笑顔の人のお悩みが「人間関係が面倒」であることは、よくあります。

心理相談では、笑顔で涙を流し、笑顔のまま「わたし苦しい」と言う人もいます。

これは「常に笑顔でいなくてはいけない」という、広義のトラウマによります。

心理セラピーで解消する可能性が高いです。

逆に、笑顔になれないという心理課題の人もいます。それも心理セラピーで解けることがあります。

さて、そのような深層心理レベルのものではなくて、なんとなくむっつりしてきることに慣れてしまった人たちは、どうすればいいのでしょうか?

「笑顔の方が人生うまくいく」「不自然なつくり笑いしてると、おかしな人間関係に囚われる」どちらも真なりです。

心理課題が解決すると、こんな感じです。

笑顔をつくるようになるのではなくて、

笑顔を抑えないようになる。

深刻でない場合は、心掛けでもできるかも。心掛けで変わらない、もしくは変なことが起きる場合は心理セラピーで、深層心理から変えてみるのもよろしいかと思います。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 嘘がバレるのは、隠そうとするから

  2. 「ゆるせない」。それを言うということは、ゆるさないといけないと思ってる…

  3. 【ラジオ音声】不真面目な生き方「エコメンタル」

  4. 赦しが引き起こすシャットダウン再起動

  5. 売り手は、顧客視点を持てなくなる。

  6. こわくて動けないときの、シンプルな対処法

  7. 「助けて」と言えない人へ

  8. 生きる意味がほしい人へ