体験談・事例

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、

笑顔を抑えないように心掛けるのよ。

いつも誰にでも笑顔の人のお悩みが「人間関係が面倒」であることは、よくあります。

心理相談では、笑顔で涙を流し、笑顔のまま「わたし苦しい」と言う人もいます。

これは「常に笑顔でいなくてはいけない」という、広義のトラウマによります。

心理セラピーで解消する可能性が高いです。

逆に、笑顔になれないという心理課題の人もいます。それも心理セラピーで解けることがあります。

さて、そのような深層心理レベルのものではなくて、なんとなくむっつりしてきることに慣れてしまった人たちは、どうすればいいのでしょうか?

「笑顔の方が人生うまくいく」「不自然なつくり笑いしてると、おかしな人間関係に囚われる」どちらも真なりです。

心理課題が解決すると、こんな感じです。

笑顔をつくるようになるのではなくて、

笑顔を抑えないようになる。

深刻でない場合は、心掛けでもできるかも。心掛けで変わらない、もしくは変なことが起きる場合は心理セラピーで、深層心理から変えてみるのもよろしいかと思います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心のトラブル対処法
叱咤激励の是非

叩く、罰する、叱る、と良くなるのか。叱るのがいいか、褒めるのがいいか、結論を二者択一で暗記するより、 …

心のトラブル対処法
親から子への刷り込みを心配する母親へ

親子の関係については心理相談で頻繁に表れます。子育のご相談は専門外ではありますが、よくある話として、 …

心のトラブル対処法
性暴力被害の相談

私は性別越境しているせいか、ずっと人に話せなかったという性暴力被害のトラウマに関するご相談がちょっぴ …