笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、

笑顔を抑えないように心掛けるのよ。

いつも誰にでも笑顔の人のお悩みが「人間関係が面倒」であることは、よくあります。

心理相談では、笑顔で涙を流し、笑顔のまま「わたし苦しい」と言う人もいます。

これは「常に笑顔でいなくてはいけない」という、広義のトラウマによります。

心理セラピーで解消する可能性が高いです。

逆に、笑顔になれないという心理課題の人もいます。それも心理セラピーで解けることがあります。

さて、そのような深層心理レベルのものではなくて、なんとなくむっつりしてきることに慣れてしまった人たちは、どうすればいいのでしょうか?

「笑顔の方が人生うまくいく」「不自然なつくり笑いしてると、おかしな人間関係に囚われる」どちらも真なりです。

心理課題が解決すると、こんな感じです。

笑顔をつくるようになるのではなくて、

笑顔を抑えないようになる。

深刻でない場合は、心掛けでもできるかも。心掛けで変わらない、もしくは変なことが起きる場合は心理セラピーで、深層心理から変えてみるのもよろしいかと思います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …