【心理療法:事例】「なんで私がこんな目にあうのですか」をどうするか

カウンセリングについての議論で、こんな話題がありました。

ひどく苦しい状況の人に、こう聞かれたら、どう答えるか。

「なんで私(だけ)がこんな目に会うんでしょうか・・・」

これ、お気持ちのよくわかる、大きなテーマ(問い)ですよね。しかも珍しくないはず。
「この試練には何らかの意味があるはず」(実際にはもっと優しい表現で)という答えもあります。実際にそういいう哲学のカウンセリング手法があるようです。そのような言葉が多くの人の支えになっているように思います。

しかし、私なら・・・その問いに答えない・・・です。ということに気づきました。

「自分で考えてください」と言うのでしょうか。そうも言わないでしょう。

では、どんなふうになるか。
(カウンセリングというより、心理セラピー的ですが)
(扱う状況にもよりますが)
「なんで私がこんな目に会うんでしょうか・・・」
「なぜでしょうねぇ」
「・・・」
「・・・悪くない人がひどい目に会う・・・おかしいですよね・・・理不尽ですよね」
(中略)
この世の理不尽さへの怒りを出してもらいます。何を言ってしまってもいいです。
「ふざけんな!ふざけんな!×○△×○×△○!!!」
(中略)
理不尽さを嘆き、泣いてもらいます。泣いている理由もわからないくらいに。
(この涙は、最初に苦しさを訴えるときの涙と違い、その人を強くします)

クライアントは顔を上げます。
宙を見つめて(またはセラピストを見て)、「・・・そう・・・理不尽なんですよ・・・」とつぶやく。
小さく頷き、「それでも・・・、この理不尽な世の中を私は生きる」という選択をします。そのような選択をした人たちの仲間入りです。

後日、クライアントは「この試練には意味がある」と言い出すかもしれません。それは、そう思えるように生きていくという、その人の選択です。

セラピストは、その人がそこにいることに、すでに意味を感じています。

「意味がありますよ」と言ってさしあげると、クライアントから好かれるかもしれませんが、それはしません。

 
心理セッションにご関心のある方は、心理セラピーの概要やQ&Aをご覧ください。

関連記事

  1. 「治ればよいというものではない」という感覚

  2. 自由を使わずに自由を手に入れることはできない

  3. 飛び立つ鳥

    「変わる」というのは、今までの自分を赦すこと

  4. 「心の悩み」「精神疾患」などの言葉

  5. 心理セラピーの目的は原因を知ることではない

  6. その悩みが人生のテーマである場合は

  7. どちらのセラピストが必要か

  8. ウーンデッド・ヒーラーのピアジェ風発達