【心理療法】「なんで私がこんな目にあうのですか」をどうするか

心理セラピー・心理相談

カウンセリングについての議論で、こんな話題がありました。

ひどく苦しい状況の人に、こう聞かれたら、どう答えるか。

「なんで私(だけ)がこんな目に会うんでしょうか・・・」

これ、お気持ちのよくわかる、大きなテーマ(問い)ですよね。しかも珍しくないはず。
「この試練には何らかの意味があるはず」(実際にはもっと優しい表現で)という答えもあります。実際にそういいう哲学のカウンセリング手法があるようです。そのような言葉が多くの人の支えになっているように思います。

しかし、私なら・・・その問いに答えない・・・です。ということに気づきました。

「自分で考えてください」と言うのでしょうか。そうも言わないでしょう。

では、どんなふうになるか。
(カウンセリングというより、心理セラピー的ですが)
(扱う状況にもよりますが)
「なんで私がこんな目に会うんでしょうか・・・」
「なぜでしょうねぇ」
「・・・」
「・・・悪くない人がひどい目に会う・・・おかしいですよね・・・理不尽ですよね」
(中略)
この世の理不尽さへの怒りを出してもらいます。何を言ってしまってもいいです。
「ふざけんな!ふざけんな!×○△×○×△○!!!」
(中略)
理不尽さを嘆き、泣いてもらいます。泣いている理由もわからないくらいに。
(この涙は、最初に苦しさを訴えるときの涙と違い、その人を強くします)

クライアントは顔を上げます。
宙を見つめて(またはセラピストを見て)、「・・・そう・・・理不尽なんですよ・・・」とつぶやく。
小さく頷き、「それでも・・・、この理不尽な世の中を私は生きる」という選択をします。そのような選択をした人たちの仲間入りです。

後日、クライアントは「この試練には意味がある」と言い出すかもしれません。それは、そう思えるように生きていくという、その人の選択です。

セラピストは、その人がそこにいることに、すでに意味を感じています。

「意味がありますよ」と言ってさしあげると、クライアントから好かれるかもしれませんが、それはしません。

 
心理セッションにご関心のある方は、心理セラピーの概要やQ&Aをご覧ください。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー・心理相談
複数のカウンセラーに相談してよいか?

「複数のカウンセラーに相談してよいか?」 最近、このトッピクについて質問されることがあります。いくつ …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

心理セラピー・心理相談
絶望を感じて、本当に前向きになる

あることについて最近やっと自分がこの世の中に絶望していることを感じるようになりました。拗ねていること …