あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。

緊張の深層心理も、攻撃される感じとか、見捨てられる感じとか、様々にあります。

様々ですが、一つの共通点があります。それは「緊張することは悪いこと」「緊張してはいけない」という信念が刷り込まれています。

という点からみると、あがり症は、「緊張してしまう」病というよりは、「緊張を怖れる」病とでも言えそうです。

緊張恐怖症とでもいう側面があります。その場合は、相手の人物に対する恐怖症解消セラピーをしても無駄です。

※虐めPTSDなどのショックトラウマの場合などは、その限りではありません。それはここで言うあがり症とは別のものです。

ショックトラウマと違い、自分と向き合う方向になります。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

心理セラピー関連
私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、クライアントである私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、 …

体験談・事例
人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、 笑顔を抑えないように心掛けるのよ。 いつも誰にでも笑顔の人 …