あがり症の共通点

あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。

緊張の深層心理も、攻撃される感じとか、見捨てられる感じとか、様々にあります。

様々ですが、一つの共通点があります。それは「緊張することは悪いこと」「緊張してはいけない」という信念が刷り込まれています。

という点からみると、あがり症は、「緊張してしまう」病というよりは、「緊張を怖れる」病とでも言えそうです。

緊張恐怖症とでもいう側面があります。その場合は、相手の人物に対する恐怖症解消セラピーをしても無駄です。

※虐めPTSDなどのショックトラウマの場合などは、その限りではありません。それはここで言うあがり症とは別のものです。

ショックトラウマと違い、自分と向き合う方向になります。

関連記事

  1. 笑顔の人は苦しんでいない!?

  2. 不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

  3. 対人緊張・あがり症の克服シナリオ

  4. 人が死ぬとき後悔すること~「感情に振り回された一生」編

  5. 人が死ぬとき後悔すること~「”なんでも治せる”…

  6. 認知行動療法それ自体も歪む

  7. 「人からどう思われるかがこわい」

  8. 泣き止むには、まず泣かないとね。