「ほら、やっぱり」は強化サイクルかも

「ほら、やっぱり」は強化サイクルの可能性があります。

人間は自分が心の底で信じていることを証明するように行動するという性質があります。

たとえば、「男性とは浮気をする」という信念が刷り込まれておると、浮気をしそうな男性を選び、浮気をするように仕向けます。

「私は出世できない」、「関東の食べ物は不味い」などなど様々。

そうして信念を強めるのが「強化」。種が大木に育つのです。

強化が成立したときの典型的な台詞が「ほら、やっぱり」です。

逆に言うと、「ほら、やっぱり」を疑ってみるのが、悩み解決の糸口になる可能性があるということです。

それに気づいた人たちが、ポジティブ思考とか、アファメーションなどを薦めるのですが、それらはどちらかというと意識側からのアプローチ。よくなる場合もありますが、信念が抑圧されて、問題が深刻化してしまうこともあります。

私の経験からすると、アファメーションが上手くいくのは、心の奥底でそれも信じている場合。もともと、アファメーション内容が信念として埋もれている場合。それも、どちらかとおうと、応急措置として機能することが多いように思います。

つまり、人間は矛盾する信念を持っている可能性があるということです。なので、好ましい方の信念を活性化させようというものです。

一方で、好ましくない方の信念を手放すのか心理セラピーです。意志では変えられない、足枷を外します。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …