「寄り添う」という言葉がとらえどころない理由

体験談・事例

「寄り添う」という言葉がとらえどころない理由。それは、「なにかをすること」ではなくて、「なにかをしないこと」だから。

優しい言葉をかけるとか、相槌をうつとか、「なにかをすること」ではないからだと思います。

試しに私が疾患を持つとか被暴力経験を持つとか、開示したとします。瞬時に人は態度を変えます。それは一言でいうと見下した態度になるのです。

そこに上下の関係を生み出します。「下に見る」のです。

別の言い方をすると、「いい人になろ」モードにスイッチが入ります。

何十人もの支援者に相談をしてきた経験から、これが「寄り添わない」ということの本質だと思います。

このような人ちちはどこかで、しょせん他人事だと思っています。それが「寄り添わない」ということの本質だと思います。

それが分かると、「寄り添う」が分かると思います。

「下に見る」をしないことが、寄り添うということ。

アドラーは「横の関係」と呼びました。

だとしたら、寄り添うことのハウツーはないわけです。

寄り添われなかった体験と、寄り添われた体験が、寄り添いかたを教えてくれます。

そもそも人を下に見るのが好きな人が「支援」なることに興味をもつわけですから、支援者が寄り添うことは滅多にありません。

それは支援技術(ハウツー)ではないからです。

寄り添う人が支援職をするというのは、たとえばこんな感じかもしれません。

「普段は寄り添っている。支援の作業中に、あえて寄り添わない自分を自覚する」

普段は隣に座っていて、ある瞬間に「私、立ち上がって、上からあなたを見下ろすよ」ってやるわけです。

心理セラピーなどでは、そこから必要に応じてまた降りてきたりします。が、もともと隣の席にいなかった人は降りてくることができません。

それは「降りる」ではなくて「戻る」だからです。

The following two tabs change content below.
カウンセリング業界の裏話
ある当事者からみた日本の心理業界の今昔

当事者と心理支援者の両面から見ていた時代の目撃者として、日本での心理セラピー(心理療法)や精神医療の …

体験談・事例
【ラジオ音声】家族が応援すると動けなくなる!?

広義のひきこもり等、心の問題によって「起き上がれない、動けない」となる体験のこと、そしてそれにまつわ …

体験談・事例
自己肯定感を「育てる」のではなくて「取り戻す」

条件つきではなくて、自分の存在そのものを肯定できるのが心理セラピーで目指す自己肯定感です。 それは自 …