私の師匠たちは、私に既存メソッドを教えない。

クライアントの悩みの本質を無視して、自分が知ってる手法をするみたいなことが頻発している。

心理療法をメソッドとして教える商売が流行った結果だと思う。

本質ではないところをテキトーにやってる。

「クライアントとして心理セラピーを受けるのが嫌だ」という人たちがセラピスト養成講座を卒業するようになってから数年。さらにマークシート試験で資格を取る時代も始まった。

でも、そのおかげでクライアントが、カウンセラーセラピストたちがいかに役に立たないか語るようになり、クライアントの悩みの本質を捉えやすくなってきた。

それにしても、「メソッド教えます」の広告がたくさーん。

私の師匠たちは、誰でも出来るような既存メソッドを私に教えない。

私にしか出来ないことをさせるために、それ以外を手放すことを教える。

そして、「あなたを必要とする人が必ずこれからも来る」と言う。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
who is Kojun
心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、 …

who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …

who is Kojun
動かそうとすると、動かない

人の心の悩みの鍵は、動かそうとすると動かないことがあります。 「解決しようとすると解決しない」 それ …