個人セッションはオンラインのみ、新規受付を再開します。
CATEGORY

Who is Kojun?

  • 2020-01-17

動かそうとすると、動かない

人の心の悩みの鍵は、動かそうとすると動かないことがあります。 「解決しようとすると解決しない」 それが、私の得意分野です。 「恐怖症だから、慣らす」とか、「動けない人を動くように促す」とか。そんなのが上手くいかないとき、「隠れた本質」というものがあります。 「問題が見えたら、それを取り除こうとする」 […]

  • 2020-01-16

心理カウンセリングの師匠たちは、私に既存メソッドを教えない。

クライアント(来談者)の悩みの本質を無視して、自分が知ってるメソッド(手法)を適用するみたいなことが頻発している。 心理セラピー(心理療法)のメソッドをパッケージ化して教える商売が流行った結果だと思う。 本質ではないところをテキトーにやってる。 「クライアントとして心理セラピーを受けるのが嫌だ」とい […]

  • 2020-01-13

なにもしないかもしれないワークショップ

いまの私はワークショップやセミナーに参加するのがあまり好きではありません。ときどき主催はしていますが。 そんな私も、よく参加する時期がありました。 タイプ論などの自分を知るためのワークショップは、自分を赦すための最初の一歩になりました。違いがあってもよいと思えたので。 しかし、それは住みにくい枠から […]

  • 2020-01-08

セラピストが実際の暴力や虐めや虐待の場面に出くわしたとき

朝のカフェでママが少女を叱ってました。 その叱り方に異変を感じました。 くっと引っ張って身体にショックを与えながら責めている。犬の首輪を引いてつけるような動作が気になりました。 甘えている泣き方ではなく、声が小さい。 うちでは感情任せに叩いてるかもしれません。 私も仕事がら、おやっとアンテナが反応し […]

  • 2020-01-06

私設心理相談室が好き

私がやっているような、公的機関でもなく、病院でもないカウンセリング業態は、昔からあるようで、私設心理相談室というそうです。 この業界(?)、これからはどうなるか分かりません。 けど、そっと発信しているところへ、人が訪ねてくるっていう、その世界を体験できてよかった。 クライアント(来談者)側としての私 […]

  • 2020-01-01

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 年末頃より、緊急事態が続きまして、各方面ご迷惑をおかけいたしました。ご協力いただきました方々、ありがとうございました。 年末年始の心のこもったご挨拶にも十分に返信できておらず、すみません。 本件にかぎらず、昨年は講座の参加者さん、元クライアント(来談者)さん、研究会 […]

  • 2019-12-31

声なき声

この世がどんな葛藤に満ちているか、この世はどうなろうとしているのか、それは心理学以上にセラピストにとって大事なこと。 自分の知ってる人が自殺して、成長企業でヒット商品を出し、零細企業で変な仕事して、大企業の会社員になり、リストラ目的のカウンセリングを受け、前科のある人と楽しくお酒のんで、不労所得で生 […]

  • 2019-12-21

メンタルが落ちてるごときで、人間の存在価値はなくならない

あるセラピストは「自分がメンタル落ちてるときは、引き上げてあげれない」と言ってました。 あるセラピストは「自分が幸せでないとクライアント(来談者)を幸せにできない」と言っていました。 私には、その世界観はが全くないなあ。 自分が落ちていても、クライアントは得たいものを得てゆく。私のメンタルの高い低い […]

  • 2019-12-20

秘密の苦しみを話せるとき

心のバランスをとって、秘密の苦しみを人に言わないようにしてきた。人は苦しみの話が嫌いだから。 あるとき、耐えられなくなって、仲のいい人に打ち明ける。「聞いて欲しいことがあるんです」 仲のいい人の姿勢が見下すように変わり、説教がはじまる。または、口をきかなくなる。 その後の記憶がないまま、ふと気づくと […]

  • 2019-12-18

昔のKojun

私がかつて大企業の事業部にいたとき、部門の中でわりとクレーム処理は担当する方でした。(法人相手なのですが、担当者の土下座を要求されるくらいはありました) 当時から繊細な私でしたが、なぜか責め立てる客と対峙するのはできてた。そういうのがわりと平気なのは子供の頃からです。 それにしても、嫌な仕事ではある […]

  • 2019-11-05

セラピストは火を繋ぐ!?

私は死ぬまでに、大事なことを伝えたいと思っています。死ぬ前に限らないかもしれませんが。 それは、書き残すものではないようです。言葉を残したいわけではないのでしょう。 伝えるといっても、知識のコピーではないようです。 松明の火を絶やさないようにしたいのだと思います。セラピストというのは、火を繋いでいる […]

  • 2019-10-23

ぬいぐるみと私

ワークショップでお馴染みのぬいぐるみですが、どうしても授乳がしてみたくて、ぬいぐるみを買いました。 寝るときに触ったり、飾ったりす動物などは以前からいましたが、人間のかたちに近いのは授乳目的です。まあ、抱っこなんですけどね。 授乳したくてぬいぐるみを買うのは狂気だなと思います。 でも、その狂気を実施 […]

  • 2019-10-14

私の異性装〜ひと目を気にするために生きているのではない。

私が異性装(ここでは、身体と異なる性別の服装をすること)をSNSで公開したとき… よく「うけるね」ボタンが押されました。 それは残念でしたが、その不愉快に負ける気はまったくしませんでした。 そして、とくに説明もしなかった。 「笑わないでください」とお願いする気など毛頭ありませんでした。 当時LGBT […]

  • 2019-10-07

セラピーは非日常

「セラピーを日常に普及させる」という活動を知りました。 それは、専門家(知識に頼った人)ではない人が大事とかいう趣旨には一理ありますが、それと混同が起きているかも、と思います。 セラピーは非日常のものです。日常がセラピーのようにならない方がよいのではないかと思います。 セラピーでは、秩序を壊します。 […]

  • 2019-10-07

「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない

対人支援業のブログやSNSには、「クライアントに大きな変化があって感動しました」という呟きが多いです。 私はそういうの、あまりないです。 私がクライアント(来談者・相談者)の変化に感動したと呟かないのは、何故かしら。 「人間ってすごいな」と書くこともありますけど、「クライアントに大きな変化があって感 […]

  • 2019-10-05

私の辞書に「素晴らしいメソッド」なんてものはない

ときどき自分で気になって書いてるけど。 私は、使ってるメソッドの効果がすごかったとか、クライアント(来談者)にすごい成果が出たとか、ブログやSNSで呟いてこなかったなあ。 なんでやろって、気になってました。 講座などでPoints of You 効果自慢はしましたが、それはPoints of You […]

  • 2019-09-20

唄うセラピスト

講座に学びに来てくださる方々と、カラオケに行ってみました。 受講者の方々も対人支援業が多かったりしますが、みなさまなかなかの没頭。

  • 2019-08-27

なんだかユルいセラピーのスタイル

かつて、セラピーの練習会に行ってみて、なんか意見を求められたときに思ったことは・・・ セラピーすることが目的になってませんか? ってこと。 手法にはステップがあって、そのステップシリーズが進まないと言って悩んでいるのだけど、そんなことクライアントの悩みではないのね。 慣れないうちは手法のことで頭がい […]

  • 2019-06-18

私は、鞭で動かない人の体に、鞭の痕をみる

自分に鞭を打って動ける人と、自分に鞭を打つと動けなくなる人がいる。 鞭で動ける人は、鞭で動けなくなる人を、怠け者だとか思っている。 なんせ、鞭で打っても動かないのだから。 または、ちゃんと鞭を打ってないから動かないのだろうと。 私は、鞭で動かない人の体に、鞭の痕をみる。

  • 2019-06-07

性別越境してから、笑うようになりました

私ね、性別越境を解放してから、一年くらいたって、それ以前よりも笑うようになりました。 女性だけの笑い方もありますし。男性が笑ったほうが和むという場面もあります。 ですので、笑う機会は増えます。 以前よりも生きてます。

  • 2019-05-31

心理セラピーの先輩たちから学んだこと

私は心理のテキストを鵜呑みにせず、体験を通して確かめる。 テキスト通りではないことはとても多い。 臨床といいながら、理論の多くの部分が推測でつくられている。 学ぶことで、人そのものが見えなくなる理論も多い。 治療者が治療者のために(治療者が傷つかないために)作られたものも多く含まれる。 「クライアン […]

  • 2019-05-22

Points of You Japanカンファレンス2019報告

2019年5月18日(土)奈良春日野国際フォーラムにて。鹿で有名な奈良公園ですね。 Points of You Japan カンファレンス2019 ~古都・奈良に集う万葉の物語~ 参加してきました。今年は「万葉」がテーマです。 鹿にあやしまれながら歓迎されました。 スタッフ前夜 男か女かよくわからな […]

  • 2018-12-14

「過去指向の罠」と「未来指向の罠」を超える

「過去をほじくりまわす」だけのカウンセリングは、自分が不幸である理由がわかるだけです。人生で起きるできごとを、過去のことによって解釈しながら生きるという制約を背負ってしまいます。これを「(間違った)原因論(過去指向)の罠」と呼んでいます。 「過去をないことにする」カウンセリングもあります。「原因論( […]