ブログ記事


「恐がるな」=「チャレンジするな」

恐がることは悪いことだと思っていますか? 自分が何を恐がっているか知ることは、チャレンジには欠かせません。 私の経験からすると、男性経営者の多くは恐さを認めません。そして、心の課題をなかなか解決できないことが多いです。女 … 続きを読む

コメントなし

人間の多様性(マイノリティからダイバーシティへ)

人間の多様性についても、ブログ記事に書いてゆこうかなと思っています。 以前は、マイノリティ(少数派)として扱われていた分野が、ダイバーシティ(多様性)と捉えられるようになってきました。 たとえば、身体障害では、テクノロジ … 続きを読む

コメントなし

対人不安・あがり症の克服シナリオ

あがり症の克服シナリオでよくみかける共通バターンについて書いてみます。 恐くなくなることが克服なのではない。 偽の克服 たとえば人前で話すことに過緊張があったとします。たとえば、話し方の教室に通って、上手に話せるようにな … 続きを読む

コメントなし

「無意識」という言葉は理解されていない

無意識という言葉の意味について確認したいと思います。 心理学では、意識されることなく精神内界で進行する心理過程が無意識です。 自分の内面について自覚できる(意志によって意識化できる)範囲(前意識)と、できない範囲(無意識 … 続きを読む

コメントなし

ジェンダーはセクシャリティではない

セクシャリティとジェンダーは違うと覚えておきましょう。 セクシャリティというのは、 生物学的な性別(sex) 性的指向(どんな相手を性的に好むか)(sexual orientation) といったものです。身体や性交渉・ … 続きを読む

コメントなし

立ち止まること

10年前にニューヨークで通りがかりに入った教会があります。最近になって、それが有名なセント・パトリック大聖堂だったと知りました。『英雄の旅』のジョセフ・キャンベル博士も特別な場所として紹介しています。 旅行中に通りかかり … 続きを読む

コメントなし

グループワークでの自己開示

グループワークで、よく一部の参加者が言われること。心を開きたい、自分を開示してみたい、でも抵抗もある。でも、今回は大丈夫な予感がして来てみた。 何を話すか話さないか、ご自身で判断していただいています。どこまで開くかも。 … 続きを読む

コメントなし

【おすすめイベント】はたらく・たべる・わらう LIVES TOKYO

一人一人の個性が輝き、働ける社会へ向けて、様々な企業のアイデア、技術、提案が紹介されるようです。時代の可能性を知る参考に、視に行ってみようと思います。 1970年9月10日 はたらく・たべる・わらう LIVES TOKY … 続きを読む

コメントなし

【雑談】心理セラピストからみた「占い」

「占い」って、心理職の私からみると、どんなものでしょうか。 ※「占い」といってもいろいろありますが、ここでは古来からある「卜占(ぼくせん)」、偶然に意味を施すようなものについてです。 ※「あんた、このままでは不幸になる」 … 続きを読む

コメントなし

一切の恐さを避けて生きる

「恐い」と「楽しい」の身体反応は同じ。 ですので、一切の恐さを避けて生きると、人生を楽しむことは難しくなります。 やってみるとわかります。 チャンスがなくなるから得るものが少ないという意味ではありません。 両方の生き方を … 続きを読む

コメントなし

一万円の権利を千円の品と交換できるか

一万円以内の商品と交換できる券1枚もって量販家電店に入ります。一万円の商品ではなく、自分を幸せにする千円の商品と交換することができるようになるのは結構難しいようです。 美人に限らずね。 このゲームを有利にするものは、すで … 続きを読む

コメントなし

熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる

「熱心に売込むと、客が嫌がる」という現象ありますね。「押し売りのつもりはなくて、本当によい商品を紹介しているだけなのに」というケースについての相談もあります。 「人に大事なことを教えようとしたら、拒絶された」という場合も … 続きを読む

コメントなし

カウンセリングに行くのは弱い人間か? ~ 正すこと、赦すこと

カウンセリングに行くのは弱い人間だ、と思っている経営者や男性は多いです。実はこれは日本の場合です。欧米では、エグゼクティブはカウンセラーを雇います。 コンサルタントは正すのが得意。カウンセラーやセラピストは赦すのが得意。 … 続きを読む

コメントなし

相談したいけど、秘密を話したくない。そんなとき探す相談相手は?

相談したいけど、秘密を話したくない。人に言えない悩み。 はたして、秘密をばらされることが心配なのでしょうか? 本当は何を心配しているのか? もしかすると、説教されると思っていませんか? 一例として、「リストラされたが、ど … 続きを読む

コメントなし

タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由

性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわか … 続きを読む

コメントなし

見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり

「対話」は「会話」とは違うそうです。 お互いに見ている世界が違うことを前提に話すのが「対話」。 カウンセリングやコーチングでは、評価・判断(自分が見ている世界を相手に押し付ける)を控えるようにと教えられます。 しかし、「 … 続きを読む

コメントなし

「助けて」と言えない病

人生の前半は実力で勝負。しかし、一人でできることは限られている。人生の後半は助けを求める。競争から協創へ。そこで、「助けて」と言えない病を克服する時期がきたりします。 事前確認 もし、「ありがとう」と言えない病が併発して … 続きを読む

コメントなし

コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから出るのが苦手になる

「コンフォートゾーンの外へ出ろ」と言われます。日々チャレンジしてください。でも、出ろと言われるほど出れなくなる、という場合は、注意が必要です。 コンフォートゾーンの外が恐いのか、他人によって追い詰められるのが恐いのか、ど … 続きを読む

コメントなし

花はいいですねえ

花はいいですねえ そこにしかないし ただ咲いていたいだけ 人を支配せず、咲いてみせるだけ 私のクライアントも、そんな人が多い

コメントなし

アドバイスされるのが苦手?

アドバイスされるは苦手ですか? 教えてもらえるのは有難いこと。でも、嫌な感じがすることがある。 たまには我慢して、素直に聴いてみる。素直にならなきゃ、と頑張ってみる。 素直になりたいのであれば、素直ではない自分にハグ。今 … 続きを読む

コメントなし

「ゆるせない」。それを言うということは、ゆるさないといけないと思ってる?

「ゆるせない!!」。と言う前提には、ゆるすべきだとか、ゆるすのが綺麗なことだとか、そんな何かがありますよね。 そこでいう「ゆるす」は、腹を立てないこと、嫌な顔をしないこと、だと思われています。それを頑張っていると、事態は … 続きを読む

コメントなし

苦手な人のSNS投稿は「いいね!」を押してしまう

苦手だなあ、イヤだなあと思うと、その人の投稿に「いいね」押してしまう。場合によっては、シェアまでしたりして。そして、コメントまで。ずぼらな自分が、苦手な人に限って漏らさずコメント返信してしまう。 分かりやすい時代になりま … 続きを読む

コメントなし

相談会イベントの後の相談員たち

合同カウンセリング会とか、相談会イベントの後の振り返りに参加してみて思うこと。 アマチュアの会では、今日の相談者さんはどうだったかと話します。 プロの会では、今日の自分はどうだったかと話します。 アマチュアの会では、「あ … 続きを読む

コメントなし

「コンフォートゾーン(安心領域)の外へ出るんだ」とアドバイスされると動きにくくなる

「コンフォートゾーン(安心領域)の外へ出るんだ」とアドバイスする人がいます。それを迫られて、嫌になったことがありませんか? 分かっているけど、押したり引っ張ったりされると、なおさらダメになってゆく。 一方で、アドバイスは … 続きを読む

コメントなし

必ずしもキラキラした印象ではなかったりします

気に入った写真カード選んでもらったり、1枚の写真カードの印象を言い合うと、こんなことが起きることがあります。 ある種の写真を多くの人が「恐い」「暗い」「ネガティブ」と言います。ある一人は「好きだ」と言います。 人が顔をし … 続きを読む

コメントなし

「怒り」は相手ではなく、自分の中にある

怒りがおさまらない。それをなんとかしたい。そんな悩みもあります。ものごとが手につかなくなったりして、怒っている方もけっこう辛いわけです。いや、怒っている方が辛いわけです。そこで、その辛さを味わうべきは相手であるということ … 続きを読む

コメントなし

人から理解されなくて辛いと感じているなら

人から理解されていないと感じるという悩みは、地味につらいです。いろんな人からアドバイスされても、そもそも勘違いされている感じがしたり。話せば話すほど、誤解が大きくなる。説教される。試しに説教を素直に聴こうとしてみたことも … 続きを読む

コメントなし

ポジティブ/ネガティブの扱い方の入門

ポジティブとネガティブの扱い方の入門です。実践ではいろいろと不思議なことが起こります。しかし、基本を勘違いしていると、まったく見当違いな努力をしてしまいます。今回は、その基本をざざっとまとめていました。 ネガティブ思考は … 続きを読む

コメントなし

幸せへの必須能力、心の知能(EQ/EI)を高める方法

人の成功や幸福を決定づけるものは、知能指数(IQ)ではなく、心の知能指数(EQ)・心の知能(EI)であることが数十年前から調査報告されています。 これを高めるとはどういくことなのでしょうか? 自分の心の状態(主に感情)に … 続きを読む

コメントなし

こわがらないと、こわくなる

こわがらないと、こわくなります。 例えば、店主(自分)が客から不満を言われたとします。セミナー講師(自分)に参加者が嚙みついたとします。そこで、「悪いのはあんただ」と言い返す。もしくは、心の中でそのように思う。 言い返し … 続きを読む

コメントなし

カイル・メイナード氏をみて

両手両足のない登山家カイル・メイナード氏の講演をみました。 同氏はご自身の身体障害どうのを理解する前の幼少の頃から、困難な作業へのチャレンジと達成感を知りました。数時間かけてスプーンを使い、40分かけて靴下を履き、アメフ … 続きを読む

コメントなし

【体験者の声】対人関係にあまり不安を持たなくなった

〈30代・男性 会社員〉 〔お悩み・目的〕 人とうまく話せない。人間関係が作れず、どうていいか分からない。 〔結果〕 対人関係にあまり不安を持たなくなった。もっと人前に出たり、いろいろな事をやろうと思うようになった。 セ … 続きを読む

コメントなし

マイナスからゼロって、何やねん

セラピーはマイナスからゼロへのプロセスだと言う論説があります。 しかし、セラピーのプロセスを経て幸せを感じている人、味わい深い人生を楽しんでいる人たちがいます。というか、たいていそうなってるでしょ。 「セラピーはマイナス … 続きを読む

コメントなし

Points of You の5つの価値の1つ – Dream

Points of You 5つの価値について、私が国際トレーニングTCP合宿に参加したことをきっかけに、心理療法や講座開催で得た経験をもとに、私の解釈を書いてみます。 Dream http://www.points-o … 続きを読む

コメントなし

Points of You 5つの価値 – タハレス

Points of You 5つの価値について、私が国際トレーニングTCP合宿に参加したときの経験をもとに、私の解釈を書いてみます。 「タハレス」 タハレスはドイツ語かな。「行動」や「実行」みたいな意味ね。私の「自分の心 … 続きを読む

コメントなし

セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?

セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。 しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアン … 続きを読む

コメントなし

心理専門家は誰を友達だと思うか その1

あなたは誰を友達に選んでいますか? あ、そもそもですが、友達は自分が選んでいるのですよ、自分が。 一緒にいる時間の長さでおなく、好き嫌いでもなく、心理的な面から、こんな友達がいいなと思うポイントを挙げてみます。 その1: … 続きを読む

コメントなし

「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問

「嫌なのに人の誘いを断れない」というケースについてお話します。 嫌なんです。本当に嫌なんです。友人は「断ればいいじゃないか」と言います。でも、どうやって断ればいいかわからない。 たとえば、こんなケースを例に挙げましょう。 … 続きを読む

コメントなし

ネガティブ感情は大切、ネガティブ思考は有害

「感情のコントロール」というのは人気のトピックです。そんな本がたくさん出ています。一方で、「感情は大切」とも言われますが、こちらは人気がない。 ポジティブ・シンキングなるものが人気です。一方で、「ポジティブ・シンキングは … 続きを読む

コメントなし

「感情豊か」と「感情的」のちがい

「感情的」であることは、理性(気づく能力)を妨げる悪いこととされてきました。ふむふむ、そうですね。 「感情豊か」であることは、感性(感じる能力)を高める良いこととされています。ふむふむ、そうですね。 「感情はよいもの?わ … 続きを読む

コメントなし

「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です

ある人のことが嫌い。そんなとき、どうすればよいのでしょうか? どのように自分の感情と向き合えばよいのでしょうか? 感情をコントロールして抑えるのがよいのでしょうか? ⇒おすすめしません 相手に思い知らせてやった方がよいの … 続きを読む

コメントなし

愛着とインナーチャイルド

ずいぶん以前ですが、愛着スタイルの問題の扱い方を調べていたことがありました。 ※「愛着障害」という言葉が普及しましたが、私は「障害」という言葉をあまりお勧めしていません。説明する必要があるときは、「愛着スタイル」「愛着不 … 続きを読む

コメントなし

【雑談】台北(タイペイ)のダンスクラブは子供たちがたくさん

ずっとまえですが、台湾の台北(タイペイ)に旅行したときのこと。食事したレストランで働く青年に教えてもらい、現地のクラブ(ディスコ)に潜入しました。黒服の大男がIDチェックしていました。それとは知らずにパスポートを持参して … 続きを読む

コメントなし

2種類の「あきらめました」が人生を左右する

今回は、あきらめたときの注意点とでもいうようなお話を。 人が「あきらめました」と言うとき、心理状態としては全く異なる2種類があります。 (A)「欲しいけど得られない」ということを受け入れた (B)本当は欲しいけど、「欲し … 続きを読む

コメントなし

【雑談】NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」を視て徒然

NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」、今月はまだネットでみれます。 ⇒NHKオンデマンド 「こんなことをする人」と行動で定義されていたが、「こんなふうに感じている人」と当人の感覚で定義されるようになってき … 続きを読む

コメントなし

【おすすめイベント】発達障害のお勉強会

多様な人の在り方という点でも関心を集めはじめた発達障害について、知人が半プライベートな勉強会を開催してくれますので、ご紹介いたします。 「自分の場合は何に気を付けて、どう対策したらいいのか」を講師の岡田先生と考える少人数 … 続きを読む

コメントなし

【おすすめ講演】ヒーローズジャーニー(英雄の旅)カンファレンス

自分の心と対話する実践講座でも参考にさせていただいている『英雄の旅』神話論。人生の旅には普遍的の法則・パターンがあり、様々な神話にそれが表現されているというもの。その第一人者が来日されます。 残念ながら提唱者のジョーゼフ … 続きを読む

コメントなし

自分の内面に目を向けると、相手の気持ちをわかる準備ができる

EQとは自分をみつめる力、「心の闇」に先を越されないで。 ある会社の営業グループで、講演セミナーをさせていただいたときのこと。 その日の内容は「大切なのは自分の感情に気づくこと」という内容でした。 見込み客が遠ざかるとき … 続きを読む

コメントなし

相談相手の見つけ方のヒント

相談したいことがあるけど、相談しにくい。そういうことってあると思います。 いったいそれは何なのか? 一つには、なんだか嫌なアドバイスをされるのではないかという気持ちがあるかもしれません。 それはそれで、ある程度は必要な警 … 続きを読む

コメントなし

【体験者の声】昇進時のショックが数年後に強く現れる

<40代・女性 管理職> 〔お悩み・目的〕昇進の経緯からの大きな不安感 〔結果〕不安・恐怖が再現されない 職場で一番上の立場になったときに、不安でいっぱいでした。その後、日々の忙しさと、それなりに行動を起こしてきて自信に … 続きを読む

コメントなし

「いつ死んでもいい。やりたいことは全部やったから」という言葉

ある筋の年配の方々の会話の場にいると、健康とか病気の話題がでることもあります。 そんなときよく聞くのは・・・ 「いつ死んでもいい。やりたいことは全部やったから」 という言葉。いいなあと憧れませんか?   「やり … 続きを読む

コメントなし

心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要

心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと? こんなような話をよく聞きます。 (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。 (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。 心を開 … 続きを読む

コメントなし

医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会

医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会 Mindfulness for Mind-Body Medicine に来てみました。ティクナットハン禅師の流れをくんだ御一行の来日イベントです。Google本社などでも研修 … 続きを読む

コメントなし

自由を使わずに自由を手に入れることはできない

自由を使わないということは、自由を拒絶するわけですから、自由は手に入りません。 心理セラピーでは、自分自身に対して話しかけてもらう場面があります。 そこで、「人がなんと言おうと、あなたは幸せになっていいよ」と言うことも、 … 続きを読む

コメントなし

目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとね。

目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとですね。   勝手な推測を、まるで観たことのように思い込んでいると、本当のことが観えません。 思い込みは真実を隠します。 よい推測をするためには、それが推測 … 続きを読む

コメントなし

人は「困難」という言葉をおそれます。

人は多くの場合、実際にどうであるかではなく、どうあるべきかを答える。 たとえば、「困難」は無い方がよいので、「困難は無い」と言う。その結果、「困難」は見えない敵となる。 人は多くの場合、「実際にどうであるか」を観ることが … 続きを読む

コメントなし

逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。

以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでし … 続きを読む

コメントなし

ペルソナ(顧客像)を明らかにするメソッド

にしうらみき さんが開発中のPoints of You(写真カード)応用メソッドをみせてくれました。 ペルソナ(顧客像)を明らかにしてゆくものです。以前のプロトタイプをみたときから、興味ありまして、ちょこっと開発にお付き … 続きを読む

コメントなし

Points of Youとマインドフルネス

Points of You 実践講座 Just be編 – あるがままを観る(マインドフルネスで心の目を開く) の補講です。 投影か五感か Points of Youのプロセスは、知識や世界観の投影を現実と混 … 続きを読む

コメントなし

マインドフルネスは「集中」と「広がり」

熊野宏昭教授の講演におじゃまいたしたした。 マインドフルネスの報道が改善されてきたようです。 マインドフルネスは「集中」と「広がり」と説明してるのに、それを取材したテレビでは「集中」だけが報道されてきた。そんな取材はお断 … 続きを読む

コメントなし

【Points of You 補講】同伴妖精のワーク(移動済み)

Points of You 実践講座 Doing編 -「行動」という魔法を使いこなせ! の補講として、ひとりでできる簡単セルフワークを紹介します。 《同伴妖精のワーク》 ある場所に行きたいけど、なんか行きづらい気持ちのと … 続きを読む

コメントなし

【Points of You】同伴妖精のワーク(行きづらい場所に行くとき)

自分の心と対話する Points of You 実践講座 Doing編 -「行動」という魔法を使いこなせ! を開催いたしました。その補足として、写真カードを使って独りでできる簡単ワークを紹介します。 《同伴妖精のワーク》 … 続きを読む

コメントなし

【イベント報告】心の鍵を3つみつける – Points of You実践講座Difficulty編

主催:認定トレーナー 上野貢潤 神様からのクイズを楽しむ方法 Points of Youのシリーズ記号は、人生の構成要素を外観したもの。 その1つ「Difficulty(困難)」をテーマとする実践講座・体験会の2回目を開 … 続きを読む

コメントなし

【イベント報告】「行動」という魔法を使いこなせ!- Points of You実践講座Doing編

Points of You活動報告(2016年12月4日開催) 行動することでしか、大切なことはわからない Points of Youのシリーズ記号は、人生の構成要素を外観したもの。 その1つ「Doing(行動)」をテー … 続きを読む

コメントなし

トラウマ即時治療シンポジウム

港区麻布で、PTSD(トラウマ)即時治療のシンポジウムに参加しました。 「即時」とは、「速い」ではなく、「時に即した」という意味だそうで、応急のときは応急、安定させるときは安定の方法を。 このシンポジウムは私のような個人 … 続きを読む

コメントなし

「頭で考えてはいけない」と言うけれど

「頭で考えてはいけない」、流行ってますね。 たとえば、こんなことがあります。 自分の意見と異なる意見を言われたとき。 たいては、自分の意見にも、相手の意見にも、それなりの大切な発想というものが背後にあります。 自分の大切 … 続きを読む

コメントなし

平安貴族の手をふさいでいたもの

平安時代の貴族が、みんな棒みたいなの持ってますよね。 必ず持ってますよね。放したくならないのかな? 手がふさがって不便じゃないのかな? 機能はノートだっとか。 大事なことを書いたり、歌を書いたりして、自他とコミュニケーシ … 続きを読む

コメントなし

五感を使う発想法

Points of You(写真カード)をインスピレーション・ツールとして使うことを、 五感を使う発想法 と呼んで、紹介しております。これは、ロジックを使わないこととでもいいましょうか。 カエルの写真カードを観て、「これ … 続きを読む

コメントなし

【おすすめイベント】『成長する絵画』展

『成長する絵画』展 2016年10月8日~10日,13~16日 ~重度脳性まひ4人の若者の10年目の作品から、 人を表現に向かわせる内なるチカラと、 人の関わりを考える。 写真や石を使って心と対話する方法を取り入れている … 続きを読む

コメントなし

心理専門家は心理学を捨てる

なんとかメソッドとか、なんとか心理学とか、学んだ人が、いかにそれが素晴らしいかを話しています。 感情の裏に別の感情があるとか、幼少期の体験が性格をつくるとか。そんな知識は数日で学べますが。 心理の勉強というものは、いわば … 続きを読む

コメントなし

【コラム投稿】生き方を変えるためには必要なことを揃えてはいけない

新しい生き方へ踏み出すために、必要なこと・・・それは、「必要なものを揃える」という発想を脱すること。 「目標を決めて、そのために必要なものを揃える」、これちょっと危ないのです。 「必要なものを揃える」というのは、「できな … 続きを読む

コメントなし

【おすすめイベント】ギフティッド講座101

ギフティッドと呼ばれる特別な才能をもつ子供たちがいるそうです。その子供たちが、心の殻を破り、能力を開放し、必ずしも名門大学ではなく本当にやりたいことのための進路へと巣立ってゆく物語を聞きました。 続きを読む

コメントなし

【雑談】吉本徹也先生の「やまと絵」を観ました

吉本徹也先生の個展(やまと絵)、なんとか間に合って拝見することができました。 絵中の子供の存在感が、平和でした。言葉で平和とか言っても伝わらないかと思いますが、絵を観ると確かに平和というものがあるのだと実感できます。 立 … 続きを読む

コメントなし

【おすすめイベント】DRAMATIC READING BATTLE #3

私が顧問カウンセラーをしている劇団のイベントを紹介します。役者の演劇的朗読を鑑賞した後で、観客も朗読に挑戦できます。 生きるという実践において、とてもよい経験になりますので、挑戦されることをお勧めします。 Clown C … 続きを読む

コメントなし

【おすすめ映画】『happy -しあわせを探すあなたへ』

「自分にとっての幸せ」について思いをはせるためのドキュメンタリー映画を紹介します。 みどころ1 カウンセリングや日常の中で、人が自分の記憶をどんどん消してゆくということがあります。無意識に何かから目をそらしているときに起 … 続きを読む

コメントなし

【コラム投稿】矛盾を超えて自由自在に

「自由自在」も「遊ぶ」も、矛盾をのみこんだ先にあるようです。矛盾を超えて、自由自在に遊びましょう。「遊ぶ」の反対だと誤解されている「ビジネス」の例を挙げます。ビジネスの営業活動がうまくいくには、2つの心をもっているとうまくいくようです。 続きを読む

コメントなし

【体験者の声】インナーチャイルドの癒し

<30代・女性 自営業> 心理セラピスト上野貢潤さんのセッションを受けました。子供の頃に溜め込んだ感情を解放することができ、気分が楽になりました。 続きを読む

コメントなし

言いにくいことを伝えるときの3つの準備

今回は、 言いにくいことの伝え方をお伝えします。

この分野もいろいろと研究されているようですが、それらを全て習得するのは大変です。ですので、3つだけ実践してください。 続きを読む

コメントなし

【おすすめ講演】加藤洋平氏 『なぜ部下とうまくいかないのか』

(このイベントは終了しました) お世話になっている研究会で、特別セッション(講演・勉強会)があります。上司と部下に関する心理学のお話です。日本では貴重な機会となりますのでお知らせします。 続きを読む

コメントなし

【体験者の声】抑圧から自由になる

<30代・男性 会社員 兼 事業家> 自分の気持ちを抑圧しているような気がしており、そのことが魂から生きたいという強い願いを妨げていました。上野貢潤さんが深層心理の専門家と知り、心理コンサルティングで相談してみました。 続きを読む

コメントなし

右脳とか左脳とか言ってるのは左脳的!?

右脳型と左脳型の2種類の人間がいると思っている人は多いようです。 それをやめると、人の見え方がまるで違ってきます。 ある研究者が、こんなことを発見しました。    「人間はみんな、連携する右脳と左脳をもっている … 続きを読む

コメントなし

【体験談】突破できない心の闇

心理セラピストは、セラピストである前に、心理セラピーのクライアントとして上手くいった経験が必要です。自分の気持ちやシャドウ(目を背けてきた心の闇)に向き合ったことのない人に、自分の気持ちに向き合うナビゲーションをされたく … 続きを読む

コメントなし

人の役に立つ必要のない者を友としたい

雑談です。 「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」 場合によっては、不気味な言葉。荒んだ心へ投げかけるような。 具体的な相手も、具体的なシーンもなく、 ”人のお役に立つ自分” だけがある。 あるTV番組で、障害を持つ … 続きを読む

コメントなし

ネガティブかポジティブかではなく、本物かどうか

本当の自分を生きたい? 本当に? 抑圧されたネガティブと、それを隠すためのポジティブやネガティブがあるとしたら。 あなたの望みは、これじゃないですか? 本物のネガティブと、 本物のポジティブ。 そして、あなが怖れているの … 続きを読む

コメントなし

【体験者の声】常に戦いに晒されているような感じ

<50代・男性 事業主> 「今まで何のために生きてきたのか?これから何のために生きていくのか?」と思い悩んでいました。自分のイライラの正体をハッキリさせたい。自分の心の底と正面から向き合い、自分の課題をしっかりと認識し、その上で助けを求める以外に生きる道はないと思いました。そのために心の支えが必要と思う。つまり自分が自分に頼れるそして心理的安定を得たい。 続きを読む

コメントなし

余計な同情の言葉もなく

つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。   人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだ … 続きを読む

コメントなし

人はあるとき、本当の気持ちを言わずに何かを求めることを覚えます

ママが子供に「ここで待ってて」と言ったら、子供が泣き出しました。「足が痛い」とか「帰りたい」とか言っています。 ママが「帰りたいの?」と訊くと激しくわめきます。どうも本当は違うようです。 「ここで待ってて」と言われて沸き … 続きを読む

コメントなし

【体験者の声】人前に出ると緊張

<30代・男性 自営業> 人前で緊張感がでてきてしまい、うまくしゃべれないことについて相談しました。状態としては、おなかのあたりがざわざわして、気持ち的にちゃんとしゃべれるかどうかという、あせりの気持ちが出てくること。そのために、思考がまとまらず、伝えたいことが端的にまとまりにくいということ。 続きを読む

コメントなし

心理療法では「根本原因」と「原体験」を区別する

過去は変えられません。心理セラピーは分析ではなく解決が目的ですので、心理セラピストは変えられないものを「原因」とは呼びません。 では、次の3つを扱います。 ○解決したい悩み 今困っていること 変えたい人生のパターン ○悩 … 続きを読む

コメントなし

「嫌われるのがこわい」を解消すると嫌われる?

心理セラピー(心理療法)では、「嫌われるのがこわい」を解消したり、ありのまま(人から好かれなくても)の自分に価値があるという深層心理状態を目指したりします。 一方で、好印象を与える振る舞いを習得することで人間関係が改善し … 続きを読む

コメントなし

いい人をやめると、悪い人になるの?

人から嫌われることを過剰に恐れて、人の顔色を伺う生き方をしていると気づいた人に、その深層心理を解消することを勧めると、かなりの確率で「楽にはなりそうだけど、悪い人間になってしまいますね」と躊躇します。 実際のところ、その … 続きを読む

コメントなし

【対処法】反論して言い負かしたくなる

人の話したことに対して、反論したくなったり、言い負かしたくなったりする性質が強いと、体力も精神も人間関係も消耗します。 たとえば、知人から何かアドバイスを受けて、それを実行したくないとき。猛烈に反論してしまう。 たとえば … 続きを読む

コメントなし

人を緊張させない褒め方

人には承認欲求というのがあって、誰しも褒められたいと思っている、と言われています。 では、褒められると幸せになるのでしょうか。 「褒められると不安になる」、「褒められるのが苦手」という人もいます。 褒めることについては、 … 続きを読む

コメントなし

心と人生の謎を解く3つの鍵

本当の自分を生きることや、生きづらさを克服するために必要なことって何でしょう? 本を読んだり、ワークショップに参加したり、人と話したり、旅に出たり・・・。何をしようとしているのかというと、次の3つを揃えようとしているので … 続きを読む

コメントなし

【心理セラピストの映画紹介】『おおかみこどもの雨と雪』

今回の映画は『おおかみこどもの雨と雪』です。 あらすじ オオカミ人間(?)の父と人間の母の間に生まれた少女雪ちゃんと少年雨くんの成長の物語です。 おおかみこどもの雨と雪[DVD] みどころ:無条件の母性愛 今回紹介するみ … 続きを読む

コメントなし

なぜ人には寿命があるのでしょうか?

なぜ人には寿命があるのでしょうか。 ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。 ※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。 ありのままの自分や他人に出 … 続きを読む

コメントなし

【心理セラピストの映画紹介】『クジラの島の少女』

映画は人の成長や克服を描いています。心理セラピー(心理療法)もまた、そのプロセスを支援するものです。従いまして、よく似ています。 心理セラピストと一緒に映画を観てみましょう。 今回の映画は『クジラの島の少女』です。 あら … 続きを読む

コメントなし

【心理セラピーQ&A】言葉になっていない願望がはっきりするようなことはありますか?

Q.言葉になっていない願望がはっきりするというようなことはありますか? 心理セラピーを通じて、ご自身の願望がわかるようになるということは多々あります。どうしてそうなるのか、その一部をみてみましょう。 深層心理の足枷解除に … 続きを読む

コメントなし

【心理セラピーQ&A】結果を得るのに、どのくらいの期間を必要としますか?

Q. 結果を得るのに、どのくらいの期間を必要としますか? 1つのお悩み解決の目安は、セッション回数で2~5回です。セッション間隔は2~4週間ですので、1~3ヶ月で成果を狙います。大きく生き方を変えるために、継続的に取り組 … 続きを読む

コメントなし