話を聴いてもらっただけでは解決しない苦悩

たとえば、あがり症の人がいたとします。A群の支援者(講師、教師、コーチ)は、あがらないようになることを勧めます。「これであなたも人前で話せる」セミナー。…

逃げる人は弱い人か?

カウンセリングやワークショップでは、自分のテーマから逃げるということが起こります。自己啓発などでは、「殻を破れ」とか「コンフォートゾーンの外へ」などと言…

「感じなさい」にもいろいろあります

「頭で考えるのではなく、感じなさい」などと言われますが、「感じなさい」にもいろいろあります。グランディングを意図している場合瞑想やボディワークで…

心の悩みを正常な機能として扱う

心の悩み、とくに神経症(広義トラウマ、恐怖症など)は解きほぐしてゆくと、正常な機能により生じています。私のクライアントは、単なる慰めではなく、真実に触れ…

「天然の痛み」を大切にする

人は自己一致(他の言い方もありますが)しないように出来ています。悩みを越えるために、そこから解放されるには、すでにそこにある「天然の痛み」がカギとなりま…

「過去指向の罠」と「未来指向の罠」を超える

「過去をほじくりまわす」だけのカウンセリングは、自分が不幸である理由がわかるだけです。人生で起きるできごとを、過去のことによって解釈しながら生きるという制約を背…

どちらのセラピストが必要か

光の話。多くの人は信じませんが、たとえば、クレーマに悩む社長が、自分が恐がったことを認めたら、次回からクレーム対応が楽になります。このプロセスは旅です。…

解くのは本人です

セラピストは解けやすくしますが、解くのは本人です。本当にそうです。人を自由にすることはできません。人は自由になることができます。「じゃあなんのた…

背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。クライアントの葛藤に立ち会うときの私と似ているような気がします。背…

【雑談】お化けは「共感」を育む

最近、共感が必要って、カウンセリングなどでは常識すぎること、書きました。しつこく批判してきた評価・判断・アドレス(変えようとすること)は、共感しないとき…

「セラピストはこわい」と言う人がいます

セラピストを名乗ると、「危険」「こわい」と言う人がいますね。その意味を聞くと、「人の心が見えるんでしょ」と言う。「見えないよ」と答えていましたが、実は見えなくも…

心理セラピーの正しい諦めかた

心の悩みについて、解決方法が知られているものはあります。「殆どの悩みは解決方法が知られている」と言う人もいるくらいです。解決方法が知られているケースでは…

立派な人が、人を癒すわけではない。

ときに、人は癒しのために、あるがままの自分を否定しない人たちを必要とします。気分障害(ウツなど)のリハビリ施設での経験から思うことを書きます。たとえば、…

本当の自分を知るために助けになる人は?

本当の自分を知るためには、本当の自分を責めないという態度が必要です。責めるとは、評価したり、正そうとすること。もしも、本当の自分を知る目的が、自…